ラベル skit(コント) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル skit(コント) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022/01/15

Snakeman show/Watch out for thinners

 ペンキ職人の親方が弟子の「亀」に、『シンナーに気を付けて壁塗んなー』と注意を促しつつ作業を進めさせていたところ、シンナーに含まれている有害物質の影響で、中枢神経障害の症状が出てくるコント音声動画です(1981年に発売されたスタジオアルバム、『スネークマン・ショー(SNAKEMAN SHOW』B面に収録されている『シンナーに気をつけろ』より)。ちなみに、同アルバムのプロデュースは桑原 茂一と細野 晴臣が担当。ゲストは、YMOのほか、匿名の日本ミュージシャン及び海外のミュージシャンが参加しています。

当時のペンキは油性しかなく、溶剤としてシンナーを利用していました。したがって、体には相当なダメージが蓄積されたようです(ただし、同コントのような極端かつ急激な身体的変化が発生していたか否かは私にはわかりません)。

追伸:ご自分で行う塗装は、必ず、『水性』のものをご使用下さい(これが同コントから得た教訓ですね)。

 

2022/01/13

【SNAKEMAN'S ROCK SHOW! 1】All Japan Bottle Opener Sound Guess Championship

 1975年にプロジェクトを開始したコントユニット、『スネークマンショー (Snakeman show)』が自然消滅した後、ユニットのメンバーであった、小林 克也が手掛けた『スネークマンズ・ロック・ショウ』の第一弾アルバム、「スネークマンズ・ロック・ショウ!1処女盤」(1992年発売)に収録されている音声コントです。タイトルは、『全日本勝ち抜き栓抜き音当て選手権』。

「全く意味が分からないところが素晴らしい!」というネット上の声あり。追伸:瓶ビールの時代が懐かしいですね…w

2022/01/06

Snakeman Show/Chilblains(Telephone consultation)

 架空のラジオ電話相談番組のコント音声動画です(2001年発売のアルバム『ラジオ版スネークマンショー vol.3』より)。相談内容は、『しもやけ』。ちなみに、同コントは、伊武雅刀・小林克也・桑原茂一をメンバーとするコントユニット『スネークマンショー』によるもので、1976年から1980年にかけて同名のラジオ番組が放送されました。なお、同アルバムには、『しもやけ』のほか、23作が収録されています。

『しもやけ』は、相談の取っ掛かりに過ぎなかったんですね……(本当は人生全般の相談なのかも…)。

追伸:35年ほど前に、私が実際に聞いたラジオ電話相談番組で、『知り合いの方から、生ハムを10センチほど頂いたんですが、どのように頂いたら(食べたら)よろしいでしょうか?』という相談をされた上品な感じの御婦人がいらっしゃいました。回答者の先生は、最初、『その程度の量でしたら、そのまま食べるなり、サラダに入れるなり、あまり考えないで召し上がって下さい。』という趣旨の発言をしていたのを覚えていますw

2021/12/17

Snakeman Show/ホテル男と女(Hotel Man&Woman)

 「ホテルに女性と食事に来た男性が、ウエイターに料理の注文はするものの、宿泊の予約を躊躇していたところ、ウエイターが気を利かせて…」というコント音声動画です(2001年に発売されたアルバム、『RADIO SNAKEMAN SHOW VOL.02』に収録されている『ホテル男と女』より)。ちなみに、同アルバムは、1976年から1980年にかけて放送されたラジオ番組、「スネークマン・ショー」の中から特に人気の高かったコントを厳選して収録したものです。

さすがホテルのウエイターですね。追伸:「露骨ではないユーモアがあるな〜これだよね。」というネット上の声あり。

2021/12/06

Snakeman Show/楽しい料理(Fun cooking)

 「架空の料理番組、『楽しい料理』の放送中、講師の『土井白才』がコロッケを『揚げ物鍋』に不用意に入れたことから、アシスタントの女性とトラブルになってしまう」という音声動画です(2004年発売のアルバム『スネークマンショー・アンソロジー』より)。ちなみに、スネークマンショー」とは、伊武雅刀・小林克也・桑原茂一をメンバーとするコントユニットのことで、1976年から1980年にかけて同名のラジオ番組が放送されました。なお、本アルバムには、『楽しい料理』のほか、未発表のコント18作が収録されています。

料理番組をライブ放送しない訳がこれでわかりましたw(『油は昔からはねるもの』ですから……)。

2021/11/27

Yellow Magic Orchestra /Snakeman showーWakai Yamabiko(There are also good ones. But there are some bad ones.)1980

 架空のFM音楽番組、「若い山彦」の中で、評論家同士がロックについて激論を交わしている音声動画です(日本の音楽グループ、YellowMagic Orchestra1980年に発売した4枚目のアルバム、「増殖 - X Multiplies」の中から【Snakeman show】より)。ちなみに、登場する番組名「若い山彦」は、当時のNHKFMの若者向け音楽番組、『若いこだま』のパロディーです。

激論をしている2人の評論家役を、ラジオDJ、ナレーターの『小林 克也』と俳優の『伊武 雅刀』が担当しています。

追伸:私はロック系のアルバムを100枚程度しか持っていませんが、「いいものもある。だけど悪いものもある。」と思いますw

2021/08/20

【skit】バンビーノ(Bambino)/「スンシー(Sunshi)」

 ツッコミ担当の石山タオルとボケ担当の藤田ユウキから成る、日本のお笑いコンビ、バンビーノのコントライブ映像です。ネタは「スンシー」。ちなみに、バンビーノはリズムネタを中心とするはコントを主に行っていますが、漫才をすることもあるようです。

 

ネタは、石山(マッサージをしている方)が体験したことや夢で見たことがきっかけで出来、更にイメージを膨らませて完成させているようです。


2021/08/05

【skit】バンビーノ(Bambino)/「ダンスィングフィッソン族(danson)」

 ツッコミ担当の石山タオルとボケ担当の藤田ユウキから成る、日本のお笑いコンビ、バンビーノのコントライブ映像です。ネタは「ダンシングフィッソン族(danson」。

動物は比較的簡単に落ちましたが、人間が相手だと多少の引っ掛けが必要なんですね。