2021/10/09

Earth, Wind & Fire/ Getaway(1976)

 アメリカのファンク・ミュージックバンド、アース・ウィンド・アンド・ファイアー (Earth, Wind & Fire)の「Getaway」です。1976年に発売された同グループのスタジオアルバム、「魂(Spirit)」の収録曲。

ちなみに、アースは1976年までは、ファンク色が強かったですね。追伸:1977年の「宇宙のファンタジー(Fantasy)」、1978年の「September」、「Boogie Wonderland」は完全にディスコミュージックとなっています。

【Japanese TV anime】どろろ(Dororo)OP(2019)

 日本の漫画家、手塚治虫原作のテレビアニメ、「どろろ」のオープニング映像です(2019年放送、全24話)。曲は、日本の4人組ロックバンド、女王蜂「火炎(FIRE)」。ちなみに、同曲は、第1話から第12話までのオープニングで使用されています。

本作品は、「醍醐の国の領主・醍醐景光は、生まれてくる息子の体と引き換えに地獄堂の十二の鬼神に領土の守護と権力を願う。その後、息子は欠損した体を持ち生まれてくるが、父の景光は、その子を川に流してしまう。偶然、医師の寿海に保護された、その子は『百鬼丸』と名付けられ、義手と義足をつけて育てられる。それから16年後、孤児の『どろろ』は、義手に仕込んだ刀で妖怪を倒し、皮膚を取り戻した青年、『百鬼丸』と出会う。そして、彼の『体を取り戻す旅』に同行するが・・・」というストーリーです。

追伸:本作品は、1969年に全26話で放送された同名のテレビアニメのリメイクですが、結末等に多少の差異があります。ちなみに、1969年版は、ハードな世界観の内容だったため、視聴率は低迷。スポンサーとテレビ局から路線変更の要求が出されました。そのため、第14話以降は『どろろと百鬼丸』とタイトルを改変。内容も、低年齢層を意識した「全体的に明るく軽快なもの」となっています。

私も、1969年版をリアルタイムで見ていましたが、14話以降のストーリーは、ほとんど記憶に残っていません。


2021/10/08

Kick-Ass (2010) /Birthday Present

 父のビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)から誕生日プレゼントとして、『バタフライナイフ』を贈られ、即座に見事なナイフさばきを見せる娘のミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)(2010年公開のスーパーヒーロー映画、「キック・アス(Kick-Ass」より)。

ビッグ・ダディは、自分を陥れ、妻を自殺に追い込んだ犯罪組織を壊滅させるため、娘のミンディに戦闘技術を叩き込んでいるので、彼女にとって、この程度のことは、『朝飯前(古い表現ですが・・・)』なんですね。追伸:撮影時には、ナイフの刃先は、当然加工していますよね・・・・・?

2021/10/07

【Defeat Domino in the Mirror Country】Is it a trick?

 日本在住の藤川大輔制作、「鏡の国でドミノを倒したら、どうなるのか?」という動画です。ちなみに、「そうなんだ!」と思ったら、あなたの勘違いです。

CGの技術もさることながら、発想が素晴らしいですね。追伸:「動画版シュールレアリスム」というネット上の声あり。

Bike Tricks by Viola(Meets Beautiful Austrian Landscape)

 ドイツ在住のアーティスティック・サイクリスト、ビオラ(ViolaBike Tricks動画です。撮影場所は、オーストリアの山岳地方。ちなみに、彼女は科学関係の学生です。

美しい風景、アーティスティックなバイクコントロール、素敵な衣装、そして音楽。素晴らしい動画だと思います。是非ご覧ください。


Whitney Houston /I Have Nothing (1992) cover by Jadyn Rylee

 カナダ、オンタリオ州出身の歌手、モデル、俳優、Jadyn Rylee(ジャディン・ライリー)の動画です。曲は、I Have Nothing」。アメリカの歌手、女優、ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houstonの同名曲のカバー。ちなみに、同曲は、ホイットニー出演のアメリカ映画、「ボディガードThe Bodyguard)」で使用された楽曲です。

2006214日生まれのジャディンですが、歌唱力は十分だと思います。追伸:5年後、10年後にまた、I Have Nothing」を歌われることを希望します(復縁を迫る内容の歌詞なので・・・・・)

 

2021/10/06

Led Zeppelin/Celebration Day (LIVE at Madison Square Garden 1973)

 イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelinのニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデンでのライブ音源です(1973年収録)。曲は、「Celebration Day祭典の日)」。ちなみに、同曲は、ツェッペリンの第3作アルバム、「Led Zeppelin III」A面3曲目に収録されています。

 

ジミー・ペイジが弾き出す多彩なリフ(リフレイン)をお楽しみください。追伸:同ライブの時が、レッド・ツェッペリンの全盛時」と言ってよいと思います。


Aeon Flux (2005) /Jailbreak Scene

 遺伝子操作により、驚異の身体能力をもつ、反政府組織「モニカン」の革命戦士、イーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)が独房から脱獄するシーンです(2005年公開のアメリカのSF映画、「イーオン・フラックス(Æon Flux」より)。

映画の中では、イーオンの身体能力について、ほとんど説明されていないので、「どうしてこんなことが出来るのか?」という疑問が湧いてくるところではありますが・・・・・

追伸:「2011年に致死性のウイルスが突如発生。世界は人類滅亡の危機に陥ったが、科学者の開発したワクチンにより、500万人の人類が生き残った。しかし、そのワクチンの副作用で、人類は、自然妊娠できなくなっており、その事実を隠し、自然妊娠を装って死んだ人間のクローンを誕生させ続けていた・・・」という状況が前提となっている映画です。

The Time Machine (2002)/Time Travel Scene

 タイムマシンを完成させた主人公の大学教授、アレクサンダー(ガイ・ピアース)のタイムトラベルシーンを編集した動画です(2002年に公開されたアメリカのSF映画、「TheTime Machine」より)。

マネキンの洋服の流行が移り変わるシーンが面白いですね。追伸:最終的にアレクサンダーは、「西暦802701年の未来」にタイムトラベルすることとなります。追伸:同映画は、実は、1959年にアメリカで制作されたSF映画、「タイムマシン80万年後の世界へ」のリメイク作品です。ちなみに、オリジナル作品は『SFラブ・サスペンス』的な仕上がりになっています。(ご覧になる機会がありましたら、是非ご視聴ください)。


2021/10/05

Squid Game OST /Impersonation (acapella)

 2000年に設立され、アジア各地でコンサートを行ってきた韓国のアカペラグループ、MaytreeImpersonation(ものまね)動画です。題材は、Netflixで配信されている韓国のアクション・サスペンス・サバイバルドラマ、「イカゲーム(Squid Game」のオリジナルサウンドトラック。

 

「イカゲーム」は、456億ウォンの賞金がかかった謎のサバイバルゲームに参加した訳ありの人々が、最終的な勝者になるために命をかけ、「だるまさんが転んだ」、「おはじき」、「綱引き」、「カルメ焼き」、「イカゲーム」等に挑戦するストーリーです。ちなみに、「だるまさんが転んだ」を司る奇妙な巨大人形は不気味です(サムネイルにも映っています)。追伸:Maytreeの能力が十二分に発揮されている、ものまねだと思います。

 

Pink Floyd/Comfortably numbーguitar cover by Larissa Liveir

 ブラジル出身のギタリスト、ユーチューバー、Larissa Liveir(ラリッサ・リヴァー)の演奏動画です。曲は、イングランド出身のロック・バンド、ピンク・フロイド (Pink Floyd)の「Comfortably Numb」。

ラリッサは他の動画でもピンク・フロイドを演奏していますが、同グループのメロディーラインが好きなんでしょうね。


Alan Walker / ON MY WAYーpiano cover by Peter Buka

 ハンガリー出身の男性ピアニスト、Peter Bukaの路上ライブパフォーマンス動画です。曲は、ノルウェーの音楽プロデューサー、アラン・ウォーカー(Alan Walkerft. Sabrina Carpenter & FarrukoON MY WAY(自分の道を進む)」(20195月リリース)

Peterの表情から、「ON MY WAY」という雰囲気が伝わってきますね。追伸:聴衆が見守るように拍手を送っています。

【Japanese voice actor】上坂すみれ(Sumire Uesaka)/生活こんきゅーダメディネロ(Life Is Hard DAME DINERO) MV

 日本の声優、女優、上坂すみれ(うえさか すみれ、愛称は、すみぺ)12枚目のシングル、「生活こんきゅーダメディネロ(Life Is Hard DAME DINERO」のMVです(20211027日リリース予定)。ちなみに、同曲は、日本の音楽プロディーサー、前山田 健一(別名、ヒャダイン)が作詞・作曲を担当。テレビアニメ、「ジャヒー様はくじけない!」第2クールのオープニング主題歌として採用されることが決定しています。

上坂すみれは、神奈川県出身。19911219日生まれ、血液型はO型。特技は、ロシア語、イラスト。ちなみに、彼女の声優としての代表作は、『中二病でも恋がしたい!』(凸守早苗)、『アイドルマスター シンデレラガールズ』(アナスタシア)、『この美術部には問題がある!』(コレット)などがあります。追伸:自身の関心領域にのめり込み続ける上坂に対して、彼女の両親は寛容であったそうです。なお、父親との関係は親密で、「お兄さんとお父さんの中間、のようなパパ」であるとのこと。

Recommended blog video(Sumire UesakaA word for those who are not doing anything)


2021/10/04

George Harrison /My Sweet Lord (Guardians of the Galaxy: Vol. 2) Soundtrack

 イギリスのミュージシャン、The Beatlesの元メンバー、George Harrisonジョージ・ハリスン)の「My Sweet Lord」です(1970年発売)。ちなみに、同曲は、2017年公開のアメリカのスーパーヒーロー映画、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(Guardians of the Galaxy Vol. 2」のサウンドトラック収録曲。

My Sweet Lord」は、イギリスと米国で1位を記録しましたが、歌詞の内容は、当時ハリスンが大きく傾倒していた彼の神(ヒンドゥー教の神、『クリシュナ』)への信仰心を歌ったもの。そのせいか楽曲は同じようなフレーズを繰り返す構成となっています。ちなみに、同曲は、発表当時から、アメリカのガール・グループ、シフォンズ(The Chiffons)の楽曲、「いかした彼(He's So Fine)」と酷似していたことから盗作騒動が勃発、訴訟問題にまで発展しました。判決は197597日に下されましたが、担当判事は「潜在意識の内における盗用」を認めた上、ハリスンに対して587000ドルの損害賠償を支払うように命じました。

後にハリソンは、「暫くの間は、誰かの歌と同じようなメロディの曲ができたらどうしようと考えてギターにもピアノにもさわれなかった」と、インタビューの中で語ったそうです。なお、その後、自伝の中で彼は、酷似するようなメロディのままで発表してしまったことについて『後悔はしていない』と述べています。

追伸:私も、「いかした彼(He's So Fine)」を聴いてみましたが、似てますね(しかし、個人的な見解ですが、裁判的には、ギリギリセーフのような気もしますが・・・・・・微妙ですね。)。


Elise Trouw/How To Get What You Want(remix)

 アメリカ、カリフォルニア州サンディエゴ出身のシンガーソングライター、Elise Trouw(イリース・トルー)MVです。曲は、「How to Get What You Want(あなたが欲しいものを手に入れる方法)」(2019年発表)のremixバージョン

イリースは、ボーカルはもちろん、ギター、ベース、ドラム、ピアノ等を相当なレベルで演奏できるマルチなミュージシャンです。今後の活躍を期待します。

【Japanese voice actor】上坂すみれ(Sumire Uesaka)/Inner Urge(内なる衝動)MV

 日本の声優、女優、上坂すみれ(うえさか すみれ、愛称は、すみぺ)6枚目のシングル、「Inner Urge(インナー・アージ、内なる衝動)」のMVです(2015年発表)。ちなみに、同曲は、日本のテレビアニメ、「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」のエンディング主題歌に採用されました。

  

上坂すみれは、神奈川県出身。19911219日生まれ、血液型はO型。特技は、ロシア語、イラスト。ちなみに、彼女の声優としての代表作は、『中二病でも恋がしたい!』(凸守早苗)、『アイドルマスター シンデレラガールズ』(アナスタシア)、『この美術部には問題がある!』(コレット)などがあります。追伸:かなり刺激的な動画ですね(上坂 すみれは、声優というよりも、アーティストなのか?)。

2021/10/03

怪獣大戦争(Invasion of Astronomical War)Trailer(1965)

 1965年に公開された日本とアメリカ合作映画でゴジラシリーズ第6作、「怪獣大戦争」の予告編動画です。同映画は、ストーリー面では、怪獣同士の対決よりも、地球人とX星人の織りなすドラマに重点が置かれています。

ゴジラが地球外へ飛び出して活躍するのは、本作品が最初で最後ですが、「シェー」のポーズは斬新でしたね。追伸:キングギドラの金属音的な声は特徴的で、今も耳に残っています。

The Monkees/Daydream Believer(1967)

 オーディションにより結成されたアメリカのロックバンド、ザ・モンキーズ(The Monkeesの「Daydream Believer」です(1967年発売)。ちなみに、同曲は、4週連続全米1位を記録しました。

ザ・モンキーズは、テレビ番組『ザ・モンキーズ・ショー』とレコード販売を連動するという、当時としては珍しいメディアミックス戦略をとりました。そのため、「作られたグループ」というレッテルがついて回ることとなってしまいました。しかし、同曲は、日本でもCMソングとして採用。『ザ・モンキーズ・ショー』も現在まで度々再放送されています。

Mia Rodriguez /Psycho (Acoustic Version)

オーストラリアのポップミュージックシンガーソングライターMia Rodriguez (ミア・ロドリゲス)のセカンドシングル、「Psycho」のAcousticバージョンです(2020年発売)。ちなみに、同曲の通常版MVは、2021103日現在、YouTube1440万回再生されています。

「サイコパスだから悪いこと大好き。」という趣旨の曲です。追伸:Acousticバージョンは、サイコパスの程度が緩和されているので、安心して聴けますね?