ラベル movies(映画) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル movies(映画) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/09/25

【 Japanese movie】大魔神(Daimajin)Traile(1966)

 1966年に制作、公開された日本の特撮時代劇シリーズ、「大魔神(だいまじん)3部作(「大魔神」、「大魔神怒る」、「大魔神逆襲」)の4K画質修復版予告編動画です。2021716日から同年92日にかけて、角川シネマ有楽町にて上映されました。ちなみに、「大魔神」とは、劇中に登場する守護神の名称で、普段は埴輪のような柔和な表情をしていますが、ひとたび怒ると、腕で顔を拭うような仕草し、憤怒の表情に変わります。

今見ても迫力がありますね。追伸:悪徳な家老や強欲な武将たちは、「大魔神」の右手から繰り出されるパンチと腰につけている鋼鉄の剣の力によって撃退されます。

2021/09/18

GANTZ(2011)/ 田中星人(Tanaka Alien)

 田中 星児に似た人型の外装を着ている星人が、口から発射する強力な光弾で、くろの(二宮 和也)を吹き飛ばし、その後、にしくん(本郷 奏多)に不意打ちを喰らわせて吹き飛ばした後、ロケット噴射により上空から頭突き攻撃をするシーンです(2011年公開の日本のSFアクション映画、「GANTZ(ガンツ)より」)。ちなみに、田中 星人の持っていたラジカセから流れていた曲は、田中 星児のシングル曲、「切手のないおくりもの」です。

主人公たちが既に死んでいるという点からも、「不条理SF映画」と言えますね。追伸:歌手の田中 星児にとって、メリットはあったんですよね(怖かったけど)?


2021/09/13

A Fistful of Dollars (1964)ーAim for the heart Ramon

 左手を負傷したジョー(クリント・イーストウッド)が、ライフルの名手であるラモン(ジャン・マリア・ヴォロンテ)達に対して敢然と立ち向かって行くシーンです(1964年公開のイタリア映画、「荒野の用心棒(A Fistful of Dollars」より)。ちなみに、同映画は、日本では1965年、アメリカでは1967年に、それぞれ公開されています。

心臓を鉄板で防御した方法は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」の中でマーティー(マイケル・J・フォックス)が真似ていますね(この時、マーティーは、クリント・イーストウッドを名乗っていたわけです)。

2021/09/12

【Japanese film】一週間フレンズ。(One week Friends.)Trailer(2017)

 2017年に公開された、川口春奈山﨑賢人W主演の日本映画、「一週間フレンズ。」の予告編動画です。主題歌は、スキマスイッチの「奏(かなで)」。

「高校生の祐樹は、いつも一人きりでいるクラスメイトの香織と仲良くなりたいと思い、彼女に近づこうとする。しかし、彼女はそれを頑なに拒む。その理由は、【1週間で友達との記憶を無くしてしまう】からだった…。」というストーリーです。追伸:愚直なまでの祐樹の行動には好感が持てますね(交換日記ってバカにできません)。是非本編をご覧ください。

Clair de lune (月の光)/Debussy (Seven Years In Tibet 1997)

 オーストリアの登山家、ハインリヒ・ハラーが、若きダライ・ラマからプレゼントされたオルゴールを、疎遠となっていた元妻のもとにいる息子の部屋に置いていくシーンです(1997年公開のアメリカ映画、「セブン・イヤーズ・イン・チベット」より)。

第二次世界大戦のためにインドでイギリス軍の捕虜となった、ハインリヒ・ハラーは、脱獄してチベットへ逃れます。その後7年間チベットで過ごし、ダライ・ラマ14世と親しく交流。そのことが、ハラーの人生観に大きな変化を及ぼします。追伸:機械いじりが趣味(実際もそのようです)のダライ・ラマが丁寧にメンテナンスした特別なオルゴール。息子の心に響かないわけがありませんね。


2021/09/06

Final Destination (2000) /After Plane Crash

 「パリへ修学旅行に向かう高校生のアレックス(デヴォン・サワ)は、『飛行機が大爆発をする夢』を出発直前見て騒ぎを起こし、離陸前に飛行機を降ろされてしまいます。その巻き添えをくった友人や教師らを残して飛行機は離陸しますが、その直後、アレックスの夢のとおり飛行機は空中で爆発してしまいます。」以上のシーンについての動画です(2000年に公開されたアメリカのホラー・サスペンス映画、「ファイナル・デスティネーション(Final Destinationより」)。

このあと、アレックスは、「本来死ぬ運命だった自分たちを殺すために、死神が新たな計画を実行している」と考えるようになり、実際生き残ったメンバーが、一人づつ不慮の事故死を遂げていきます。追伸:ありえないようなうっかりミスが原因の死もあり、見ていて微妙な感じもしますね。勇気のある方は本編をご覧ください。ちなみに、アレックスの言葉を最初から信じた、クレア(アリ・ラーター)は生き残ります。

TRON: Legacy (2010) /Quorra Rescues Sam

 コンピューターの内部世界、「トロン・シティ」に送り込まれ困惑しながらも、「ライトサイクル・バトル」に挑む主人公のサム(ギャレット・ヘドランド)。持ち前のバイクの腕を生かし、他のプログラム達と協力して戦いますが、やがて窮地に立たされます。そこに、同型アルゴリズムのアイソー(ISO)の生き残りである、クオラ(オリヴィア・ワイルド)が彼を救出するために現れるシーンです(2010年公開のアメリカのSFアクション映画、「トロン: レガシー(Tron: Legacy」。より)。

この後、サムは謎の失踪をした父、ケヴィン(ジェフ・ブリッジス)と再会を果たしますが・・・・・。追伸:とにかく楽しめるSF映画です。是非本編をご覧ください(映像もきれいです)。

2021/09/05

Shaolin Soccer (2001)/ Shaolin Wins Scene

 「ゴールキーパーが負傷して試合続行が不可能になった少林チームに、丸坊主になり男装をしたムイ(ヴィッキー・チャオ)が加勢。ムイは新型薬物のドーピングで肉体改造された「デビルチーム」のシュートの餌食になるかと思われた。しかし、襲い掛かるボールを太極拳で受け流して完全に支配。シン(チャウ・シンチー)にボールをパスすると、シンの放ったシュートは相手方チーム全員とゴールポストを吹きとばして決勝点となった。」というシーンです(2001年公開の香港映画、「少林サッカー」より)。

同映画を、「シンとムイとの愛の物語」と捉えることも可能ではないかと思いますが・・・・・・是非本編をご覧ください。

Minority Report /Spider Robots (2002)

 不完全な殺人予知システムが原因で、未来殺人罪の容疑者となってしまった、犯罪予防局の刑事ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)が、街中に張り巡らされた網膜スキャナーを掻い潜るため他人の眼球を移植し潜伏。氷を入れたバスタブの中のジョンをSpider Robotsが発見するシーンです(2002年公開のアメリカのSF映画、「マイノリティ・リポート(Minority Report」より)。

Spider Robotsのスキャンがもう少し早ければ、ジョンは失明していたでしょうね。ギリギリセーフでした。

2021/09/04

「The Glass House」ーOriginal trailer(2001)

 2001年に制作・公開されたアメリカのサスペンス映画、「グラスハウス(The Glass House」のオリジナル予告編動画です。女子高生ルビー役をアメリカの女優、リリー・ソビエスキー(Leelee Sobieskiが好演しています。

「夜遊び好きな女子高生ルビーが帰宅すると、両親が交通事故で死亡したと知らされる。 身寄りがなくなったルビーとその弟は両親の遺産で将来の心配なく暮らしていける事を顧問弁護士から知らされる。弁護士は、両親の遺言として、養父母となるグラス夫妻を紹介する。マリブに建つプール付きの豪邸(ここが、グラスハウスです。)、ガレージに並ぶ高級車など、2人は裕福な生活をしていた。そして、そこに住むこととなったルビーは、やがて夫妻に不審を抱くことになり・・・・・・」というストーリーです。追伸:リリー・ソビエスキーの存在感が圧倒的ですね。少し怖いですが是非ご覧ください。

2021/09/01

BLADE RUNNER 2049(2017) Trailer

 2017年公開のアメリカのSF映画、「ブレードランナー 2049Blade Runner 2049」の予告編映像です。1982年制作の映画、「ブレードランナー(Blade Runner」の続編で、前作主演の、ハリソン・フォードも引き続きリック・デッカード役で出演しています。ちなみに、同映画は第90回アカデミー賞で2部門を受賞しました。

 

「ネクサス9型レプリカント」のK / ジョー(ライアン・ゴズリング)と「AI搭載ホームオートメーションシステム」のジョイ(アナ・デ・アルマス)との関りが切ないです(恋人以上の存在なのに物理的に触れ合うことが出来ません)。追伸:そのほか、いろいろな意味で切なくなる映画ですが、ブレードランナーファンの方は是非本編をご覧ください。


2021/08/29

Zathura: A Space Adventure (2005) Trailer

 2005年公開のアメリカのSFファンタジー映画、「ザスーラ(Zathura: A Space Adventure」の予告編動画です。1995年に公開された映画、「ジュマンジ(Jumanji」の精神的続編として制作されました。批評家からは好意的な評価を受けましたが、興行的には芳しくなかったようです。

「ザスーラ」というボードゲームで遊ぶ兄弟を中心に物語が展開します。「ジュマンジ」との主な違いは、①サイコロを振るのではなく、ボタンを押して駒を進める、②すべての事件が家の中で起こっている(ただし、家自体が宇宙空間に飛び出してしまいますが・・・・・)の2点です。追伸:老若男女を問わず楽しめる内容になっています。興味のある方は是非本編をご覧ください。

2021/08/28

Reproduction video?燃えよドラゴン(Enter the Dragon)/Bruce Lee vs OHARA

 東京都出身の日本の女優、森累珠(もり るいす)とその母による再現動画です。題材は、1973年に公開された映画、「燃えよドラゴン(Enter the Dragon」(1973年公開)の「ブルース・リーVSオハラ(ボブ・ウォ―ル)戦」のシーンです。

「命を殺める時のブルース・リーの切ない表情まで・・・・・完全再現お疲れました。」というネット上の声あり。追伸:YouTube動画のあるべき姿を見たような気がします。

2021/08/27

The Buddhist Palm (如来神掌)/Kung Fu Hustle(功夫)2004

 瀕死の重傷を負って全身の脈が開いた主人公のシン(周星馳、チャウ・シンチー)が、カンフーの達人で暗殺者の、火雲邪神(ブルース・リャン)と最後の対決をする場面です。ちなみに、シンが使ったのは、究極の技、「如来神掌(にょらいしんしょう)」(2004年公開の映画、「カンフーハッスル(功夫)」より)。

  「如来神掌」のエネルギーは、もはやカンフーを超えていますね。

Lady Liberty Destroyed/PLANET OF THE APES (1968)

 1968年公開のアメリカのSF映画、「猿の惑星(Planet of the Apes」シリーズ全5中の第1作のラストシーンです。ちなみに、主人公の宇宙飛行士、テイラー大佐をアメリカの俳優、チャールトン・ヘストン(Charlton Hestonが演じています。

衝撃的なラストシーンですね。「猿の惑星」は、実は、「未来に起こる、核戦争後の地球だった」ということです。追伸:最初にトゲトゲの影を見たときには、テイラーたちが乗ってきた宇宙船の残骸だと思ったんですが・・・・・騙されました。

 

2021/08/25

Jack Reacher (2012)ーShooting Range Scene

 トム・クルーズ演じる元米陸軍憲兵隊捜査官、ジャック・リーチャーが射撃場で、ボルトアクション式ライフル、「レミントンM700(スコープ付き)」で的を射抜くシーンです(2012年公開のアメリカ映画、「Jack Reacher」より)。ちなみに、ロバート・デュバル演じる元海兵隊員で射撃場オーナー、マーティン・キャッシュは、ジャック・リーチャーが女性弁護士を救出する際、正確な射撃で援護してくれます。

非常にリアリティーのあるシーンですね。追伸:比較的地味な作品ですが、トム・クルーズファンの方は是非本編をご覧ください。

2021/08/24

Neutralizer(ニューラライザー)replica/Men in Black(1997)

 1997年に公開されたアメリカ映画、「メン・イン・ブラック(Men in Black」でエージェントが使用する装置、「ニューラライザー」のレプリカです。ちなみに、同装置は、宇宙人を目撃した一般市民の記憶を消去する装置で、別名、「記憶でっち上げ装置」とも言われています。

 

価格は変動していますが、6万円前後で販売していたようです。追伸:K(トミー・リー・ジョーンズ)がエージェントを引退する際に、J(ウィル・スミス)が使用して彼の記憶を消去しましたね。


2021/08/13

Flashdance / What a Feeling ーIrene Cara(1983)

 1983年に公開されたアメリカ映画、「フラッシュダンス(Flashdance」の名場面です。曲は、アメリカのシンガーソングライター、アイリーン・キャラ(Irene Caraの「Flashdance... What a Feeling」。

プロのダンサーになるという夢を抱きながら、昼は鉄工所で溶接工、夜は、近所のバーでセクシーなダンサーをしながら、練習に励む18歳の女性、アレックスをジェニファー・ビールスが好演しています。追伸:同映画は、当初批判的な評価を受けましたが、1983年のアメリカ国内で第3位となる興行成績を残し、世界中で1億ドル以上の興行成績となりました。

 

2021/08/12

Tomorrowland(トゥモローランド)ーTrailer(2015)

 2015年に製作されたアメリカのSFアドベンチャー映画、「トゥモローランド」の予告編動画です。新技術「ドルビービジョン(映像の最大輝度を高めて、より大きな明暗差や滑らかな階調、豊かな色域を表現できる技術)」を初めて導入した作品。ちなみに、主演は、ジョージ・クルーニーブリット・ロバートソンです。

オーディオアニマトロニクス(AA)という人間そっくりのロボット、アテナ役のラフィー・キャシディ(Raffey Cassidyの演技が光りました。追伸:夏休みに最適の映画です。是非、本編をご覧ください。


2021/08/10

One Million Years B.C. (恐竜100万年)Trailer(1966)

 1966年に公開されたイギリス制作の石器時代を舞台にした恐竜映画、「恐竜100万年(One Million Years B.C.」の予告編動画です。同年に公開されたアメリカのSF映画、「ミクロの決死圏」にも出演した、アメリカの女優、ラクエル・ウェルチ(Raquel Welchがロアナ役で登場します。

「言葉を持たない原始時代」。現在とは違った超サバイバル的な環境ですね(でも、どこかノンビリしているようにも感じられるから不思議です)。追伸:ラクエル・ウェルチですが、「アメリカの某政治家の奥さん。」に似ていると感じるのは私だけでしょうか・・・・・?