ラベル cm song の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル cm song の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022/03/12

Joe Rinoie/Synchronized Love(武富士のtheme)2000Version

 日本の音楽プロディーサー、シンガーソングライター、ジョー・リノイエ (Joe Rinoieの「Synchronized Love2000年バージョン)」です(2000年発売)。ちなみに、同曲の1995年オリジナルバージョンは、2010年まで実在した消費者金融、『武富士』のCMソングとして制作され、1990年から2003年まで放映されました。なお、オリジナルバージョンには社名などが一切入らず、全て英語でもあったため、視聴者から武富士サイドに『あの曲は何だ』との問い合わせが殺到したそうです。

CMソングは、当初は、ワンフレーズしかありませんでしたが、全国のダンスサークルやプロチームから、「フルバージョンが聴きたい」との要望が多く、急遽フルバージョンが制作された経緯があります(通常の楽曲として捉えても優れていると思います)。

追伸:日本語の歌詞が入っている2000年バージョンも、なかなか良いですね。


2021/12/30

Cheryl Ladd/Take A Chance(1981)

 アメリカの女優、歌手、シェリル・ラッド(Cheryl Laddの「Take A Chance」です(1981年発売)。ちなみに、同曲は、サントリーのブランデー、VSOPCM曲として使用されました(日本のオリコンシングルチャートでも22位を記録しています)。

 

シェリル・ラッドは、サウスダコダ州ヒューロン生まれ。7歳の時にダンスを習い始め、スターを夢見たそうですが、母親だけが彼女の芸能界入りを応援したようです。ブレイクのきっかけは、1976年から1981年にかけて放送されたアメリカのテレビドラマシリーズ、「チャーリーズ・エンジェル(Charlie's Angelsクリス・マンロー役としての出演。当時、日本でも、かなりの人気がありました。

追伸:「1981年から1982年頃、地元のJR板橋駅の屋根にシェリルのサントリーVSOPのデカイ看板がありました。あの頃が懐かしいです。」というネット上の声あり。

 

2021/10/01

Cheryl Ladd/Where Is Someone To Love Me(1980)

 アメリカの女優、歌手、シェリル・ラッド(Cheryl Laddの「Where is Someone to Love MeDancing American)」です(1980年発売)。ちなみに、同曲は、サントリーのブランデー、VSOPCM曲として使用されました。

シェリル・ラッドは、1976年から1981年にかけて放送されたアメリカのテレビドラマシリーズ、「チャーリーズ・エンジェル(Charlie's Angelsクリス・マンロー役として出演。当時、日本でも、かなりの人気がありました。追伸:「ブランデー、水で割ったら、アメリカン。」というキャッチコピーを思い出しますね。


2021/02/10

Celeina Ann/Love & Sweet(2017) MV

 東京都出身の日本のシンガーソングライター、セレイナ・アン(Celeina AnnのMVです。曲は、「Love & Sweet」(2017年発売)。コンタクトレンズのCMソングとして使用されました。

  セレイナ・アン初の海外ロケとなるMVは香港で撮影されました。

2020/12/05

Alizée(アリゼ)/J'en Ai Marre (恋するアリゼ)live

 フランスの女性歌手、アリゼ(Alizée)のスタジオ収録動画です。曲は、「J'en Ai Marre (恋するアリゼ)」(2003年発表)。

 日本のお菓子メーカー、ブルボンの「エリーゼ」のCMソングとして採用されました。

                                            Recommended blog video(Alizée)

2020/06/13

井上陽水(Yousui Inoue )/Make-up Shadow

日本のシンガーソングライター、井上陽水の「Make-up Shadow(メイク・アップ・シャドウ)」です(1993年発表)。当初、化粧品会社のcm曲として使用されました。


      歌詞とメロディーラインがおしゃれです。