ラベル Van Halen(ヴァン・ヘイレン ) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Van Halen(ヴァン・ヘイレン ) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022/02/12

Van Halen/Eruption(1978)

 アメリカ出身のハードロック・バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halenの「Eruption暗闇の爆撃)」です。1978年に発表されたデビューアルバム、「Van Halen」の収録曲。ちなみに、同曲は、エディ(ヴァン・ヘイレン)が、個人練習で弾いていたフレーズを、当時のプロデューサーがたまたま耳にして、レコーディングすることになったようです。

Eruption」は、エディのソロギター演奏によるインストゥルメンタルですが、右手の指でフィンガー・ボードをタッピングして音を出す、いわゆる『タッピング奏法』を使用。これを当時のギター雑誌が『ライトハンド奏法』と言うネーミングで紹介。それ以後、『タッピング奏法』のことを『ライトハンド奏法』と呼ぶようになりました。

追伸:エディのギター演奏は、その卓越した技術だけではなく、演奏時の彼の楽しそうな表情も魅力ですね。

2022/01/23

Van Halen/Ain't Talkin' 'Bout Love (1978)

 アメリカ出身のハードロック・バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halenの「Ain't Talkin' 'Bout Love(叶わぬ賭け)」です。1978年に発表されたデビューアルバム、「Van Halen」の収録曲で同年シングルカットされました。ちなみに、同アルバムは、全米で19位となりました。

音楽、文化関連のジャーナリスト、チャック・クロスターマンは、「パワフルで記憶に残る、決定的だと分かっているが、熱意の可能性が低いバンドの歌のようだ」と当時この曲を酷評しましたが、今改めて聴くと、『ヴァン・ヘイレン的な曲だなー』と私は思いますが…

追伸:Ain't Talkin' 'Bout Love」は、後のヴァン・ヘイレンのボーカリスト、『サミー・ヘイガー』が、コンサートで歌うことを喜んでいた数少ない曲のようです。


2022/01/22

Van Halen/Dance the Night Away(1979)

 アメリカ出身のハードロック・バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halenの「Dance The Night Away(踊り明かそう)」です。1979年に発表されたセカンドアルバム、「Van Halen II」の収録曲で同年シングルカットされました。ちなみに、同アルバムは、全米で6位となり、同曲も全米15位を記録しました。

「この曲は、いつも私をいい気分にさせてくれました。」、「私の大好きなヴァン・ヘイレンの曲の1つ。」というネット上の声あり。

追伸:ヴァン・ヘイレン的にはライトな曲ですが、デイヴィッド・リー・ロスのボーカルが、(後のヴァン・ヘイレンのボーカリスト、『サミー・ヘイガー』とは違った意味で)いいですね。

2021/09/26

Van Halen/Girl Gone Bad(1984)

 アメリカ出身のハードロック・バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halenの「Girl Gone Bad」です。1984年に発表された通算6枚目のアルバム、「1984」の収録曲。

エドワード・ヴァン・ヘイレンのギターテクニックを堪能できる曲ですね。追伸:良い意味で、Led Zeppelinの演奏に似ていると思います(こちらの方が若干、ライトでスピード感がありますが・・・)。是非お聴きください。

2021/07/09

Van Halen/Why Can't This Be Love(1986)

 アメリカ出身のハードロック・バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halenの「Why Can't This Be Love(なぜこれは愛になれないのか)」です。1986年に発表された通算7枚目のスタジオアルバム、「5150」の収録曲。ちなみに、本作より、新メンバーとして、ボーカルのサミー・ヘイガーが加入しています。

この曲はライブではギターはエディ・ヴァンヘイレンは弾かず、ボーカルのサミー・ヘイガーが担当しています(エディはシンセサイザーを演奏)。追伸:サミーが加わったことにより、ヴァン・ヘイレンの音楽世界が広がったように思います。

 

 

Van Halen/Hot for Teacher(1984)

 アメリカ出身のハードロック・バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halenの「Hot for Teacher」です。1984年に発表された通算6枚目のアルバム、「1984」の収録曲。ちなみに、本アルバムは発売から2か月で100万枚を突破し、最終的には1,000万枚以上を売り上げ、ダイアモンド・ディスクに認定されています。

ギタリスト、エドワード・ヴァン・ヘイレン (Edward Van Halen)の高速タッピングのイントロで始まる、Hot for Teacher」。歌詞、曲調ともに、おふざけ感満載ですが、ハイスキルが随所に散りばめられ、ヴァン・ヘイレンらしい仕上がりになっています。追伸:同曲のMVもかなり「ぶっ飛んでいます。」興味のある方はご覧ください。

2020/11/18

Van Halen/PanamaーSophie Lloyd(ソフィー・ロイド)guitar cover

 イギリス、ロンドン在住のギターリスト、Sophie Lloydのギターカバー演奏です。曲は、アメリカのハードロック・バンド、ヴァン・ヘイレンの「Panama」(1984年発表)。

  スタンディングでの演奏は素晴らしいですね。

2020/07/07

DREAMS

アメリカのハードロック・バンド、ヴァン・ヘイレンの「DREAMS(ドリームス)」です(1986年発表)。映像は、アメリカ海軍所属「Blue Angels」のアクロバット飛行。


     どなたかドラマの主題歌として使用しませんか?

2020/06/29

Van Halen/PanamaーSATSUMA3042 guitar cover

超絶テクニック、satuma3042のギター演奏です。曲は「ヴァン・ヘイレン」の「パナマ - "Panama"」。

        場所はどこですか?

2020/05/26

Van Halen/eruptionーSATSUMA3042  guitar cover

 超絶テクニック、satuma3042のギター演奏です。曲は「ヴァン・ヘイレン」の「eruption」。


「エディ・ヴァン・ヘイレンよりも凄い」とのネット上の声あり。