ラベル T. Rex(T・レックス) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル T. Rex(T・レックス) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/09/06

T. Rex/Children of the Revolution(1972)

 イングランド出身のロックバンド、T・レックス(T. Rexの「チルドレン・オブ・ザ・レボリューション(革命の子供たち)」です(1972年発表)。ちなみに、同曲は、197298日にシングルバージョンが発売され、全英で2位を獲得しました。

1972年に発売された、T・レックス3枚目のアルバム、「ザ・スライダー」には、同曲のロンングバージョン(約12分)が収録されています。

2021/09/04

T. Rex/20th Century Boy(1973)

 イングランド出身のロックバンド、T・レックス(T. Rexの「20th Century Boy」です(1973年発売)。ちなみに、同曲は、初来日コンサートツアー中の1972123日、東京赤坂にあった東芝EMI第1スタジオでレコーディングされたそうです。

同曲を制作した、マーク・ボランの証言によれば、歌詞はモハメド・アリ等の有名人のスピーチからも取られており、アリの1969年のスピーチ「蜂のように刺す」が直接的に引用されています。追伸:T・レックスの楽曲の中でも指折りのノリの良さですね。

2021/08/31

T.Rex / Telegram Sam(1971)

 イングランド出身のロックバンド、T・レックス(T. Rexの「Telegram Sam(テレグラム・サム)」です(1972年発表)。ちなみに、「Telegram Sam」の「Sam」は、当時のマーク・ボランの顧問会計士、「サム」のことのようです。1971年に発表された、「Get it on」が全英チャートで1位を獲得したことを電報(Telegram)でマークに伝えたのが「サム」だったわけです

懐かしい曲ですね。追伸:中学生の時にシングル盤を同級生に貸しましたことを思い出します。

2021/07/08

T. Rex/ Metal Guru(1972)

 イングランド出身のロックバンド、T・レックス(T. Rexの「Metal Guru(メタル・グゥルー)」です(1972年発売)。マーク・ボランを中心とした同バンドは、「ティラノザウルス・レックス」というフォークバンドからスタートし、改名後は、グラムロックの代表格として人気を博しました(2020年「ロックの殿堂」入り)。

3日間立て続けでレコーディングし完成した同曲は、T.レックス4作目の全英1位となりました。追伸:マーク・ボランはMetal Guruについて、「人生を祝福した曲だ。“メタル・グゥルー”は周りにいる神々すべてに通じるものがあると思っている。」と語っています。

2021/03/25

T. Rexー【Bang A Gong (Get It On) 】1971

 イングランド出身のロックバンド、T・レックス(T. Rexの「Bang A Gong (Get It On)」です(1971年発表)。同曲は当時、全英シングルチャート(UK Singles Chart)1位となりました。

T・レックスは2020年に「ロックの殿堂」入りを果たしましたが、そのこともあってか、アイルランドのロックバンド、U2とエルトン・ジョンが同曲のカバーバージョンを公開しました。