ラベル SAX (サックス) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル SAX (サックス) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/09/20

Modern Talking / Brother Louie( alto sax ) cover by Malika Smitskaya

 ロシア在住のアルトサックス奏者、Malika Smitskaya(マリカ・スミツカヤ)のライブ演奏動画です。曲は、ドイツのポップデュオ、モダン・トーキング (Modern Talking)の「Brother Louie」。

 

 落ち着いて演奏していますね。今後の活躍に期待します。


2021/07/20

John Coltrane/Blue Train(1957)

 アメリカ、ノースカロライナ州出身のモダンジャズを代表するサックスプレーヤー、ジョン・コルトレーンの「ブルー・トレイン(Blue Train)」です(1957年発表)。同名アルバムの冒頭収録曲。ちなみに、ブルー・トレインとは、国内外ともに、客室付き寝台列車のうち、客車の車体が青く塗装されているものを言います。

皆さん、この曲を聴いて、ブルー・トレインに乗ったような気持ちになりましたか・・・・・・・・?追伸:夜中に通路側の座席に座ってぼんやりと遠くを見ていた時代が懐かしいです。

2021/06/25

Candy Dulfer & David A Stewart /Lily Was Here(1989)

 オランダ、アムステルダム生まれのサックス奏者、キャンディ・ダルファー(Candy Dulferの「Lily was here」です(1989年発表)。同曲の音楽プロデューサーは、ギタリストでもあるデイヴ・スチュワート(Dave Stewart

キャンディ・ダルファーは当初は、マドンナ、プリンス等のオランダ公演のバックバンド・ミュージシャンとして注目を集めましたが、その後、オランダ映画『Lily Was Here』のサウンドトラックに参加。彼女が起用された同名のタイトル曲がヨーロッパのヒット・チャートで1位を獲得し、その後、世界的に人気を得ました。


2020/10/07

Señorita(sax performance)

 イタリア在住のサックス奏者、Daniele Vitaleの路上パフォーマンス動画です。曲は、ショーン・メンデスとカミラ・カベロの「Señorita(セニョリータ)」。

  こういう日常は必ず戻ってきます・・・