ラベル OST(オリジナル・サウンドトラック) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル OST(オリジナル・サウンドトラック) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022/03/25

John Travolta And Olivia Newton John /You're The One That I Want(Grease)1978

 ジョン・トラボルタ&オリビア・ニュートン=ジョンの「愛のデュエット (You're the One That I Want)」です(1978年公開のミュージカル映画、『グリース』より)。ちなみに、同曲は、同映画のために制作された楽曲で、全英シングルチャートで9週連続1位になった他、Billboard Hot 100を含む世界中のチャートでも1位を記録しました。

「高校の卒業式の日、不良グループのリーダーの『ダニー(ジョン・トラボルタ)』は、『サンディ(オリビア・ニュートン=ジョン)』に好かれようと、アイビー・ルックに身を包み仲間の失笑を買います。しかし、そこに現れたサンディは清純ムードを捨てセクシーなスタイルに変貌を遂げていました…」というシーンで同曲が歌われます。

追伸:2大スターが絡む本シーンは、楽しく、見応えがありますね。なお、映画の撮影に際して、トラボルタと彼の友人たちは、同シーン直前までオリビアを見ることが許されなかったとか(つまり、彼らの驚く表情は、あながち演技ではないようです)。

Survivor /The Moment Of Truth (The Karate Kid OST)

 アメリカ出身のロックバンド、サバイバー(Survivorの「The Moment Of Truth」です。1984年に制作されたアメリカ映画、『ベスト・キッド(原題:The Moment of Truth / The Karate Kid)』の主題歌。

「私が14歳の1984年、この見事な映画と曲は、当時の私の思春期を示していたのでしょうか。今もこの曲は宝石です。」というネットユーザーの声あり。

追伸:『サバイバー』と言えば、まず頭に浮かぶのは、「Eye of the Tiger」ですが、「The Moment Of Truth」も、パワフルで盛り上がる曲です。是非お聴きください(映画も感動的でした)。

2022/03/12

Firestarter (1984) OST /Opening Theme

 1984年に公開されたアメリカのホラー映画、『炎の少女チャーリー(原題:Firestarter』のオープニングテーマです。ちなみに、チャーリー役を、『E.T.』、『ウェディング・シンガー』、『チャーリーズ・エンジェル』シリーズの出演で著名な、ドリュー・バリモアが演じています。なお、同曲は、ドイツの電子音楽グループ、タンジェリン・ドリームが制作しました。

「新薬の被験者になったことが原因で超能力が発現した男女から生まれた少女チャーリー。彼女にもまた超能力(発火能力)があった。政府機関は、その能力を軍事目的で利用することを企み、彼女及びその家族を襲撃するが…」という設定の映画です。

追伸:同映画には辛口の論評がありますが、子役時代のドリュー・バリモアは頑張って演じています。


2022/03/01

【JapaneseTV drama 】太陽にほえろ!(Howl to the sun!)OST/行動のテーマ(Action theme)Recording in Guam1979

 日本のミュージシャン、ギタリスト、井上堯之(いのうえ たかゆき)をリーダーとするバンドグループ、『井上堯之バンド』が1979年にグアムで収録した演奏です。曲名は、『行動のテーマ』。ちなみに、同曲は、日本テレビ系列で放送された刑事ドラマ、『太陽にほえろ!』の中で、萩原 健一が演じた、「マカロニ刑事(早見淳)」のテーマとして使用されました。なお、本演奏は、オリジナルの『行動のテーマ』をかなりアレンジ。実質的には、『マカロニ刑事のテーマ79version』となっています(オシャレな感じに変貌しています)。

「この曲だけはリアルタイムで見ていた子供の頃の記憶が蘇る。」というネットユーザーの声あり。

追伸:『マカロニ刑事のテーマ79version』が実際ドラマで使用されたのは、1979727日から19819月放送分までの短期間です(この時、既にマカロニ刑事は殉職していますが…)。

2022/02/20

【JapaneseTV drama 】太陽にほえろ!(Howl to the sun!)OST/青春のテーマ(Youth theme)

 1972年から1986年にかけて日本テレビ系列で放送された刑事ドラマ、『太陽にほえろ!』の中で使用されていた楽曲、「青春のテーマ」です。ちなみに、同曲は、別名、『ジーパン刑事のテーマ』といい、柴田純(しばた じゅん/ジーパン)役の「松田 優作」登場シーンでかかる曲です。

「数ある『太陽にほえろ』の曲の中でも最も秀逸なナンバーだと思う。」、「令和の今聴いても血が騒ぐのは昭和生まれだからなのか?」というネット上の声あり。

追伸:学生時代プールのバイトで知り合い、意気投合した友人がいましたが、彼が熱狂的な『太陽にほえろ!』のファンでサウンドトラックのLPを持っていました。深夜までレーコードを聴きながらウイスキーを酌み交わし盛り上がりましたw(懐かしいですね)。


2022/02/06

Santa Esmeralda/Don't Let Me Be Misunderstood(Kill Bill: Volume 1 OST Ver.)

 アメリカ、フランス混成のディスコ・グループ、サンタ・エスメラルダ (Santa Esmeralda)の「悲しき願い(Don't Let Me Be Misunderstood)」です(1977年発売)。ちなみに、同曲は、2003年公開のアメリカ映画、『Kill Bill: Volume 1』のサウンドトラックとして使用されました。本動画は、その OSTバージョンです。

ザ・ブライド(ユマ・サーマン)とオーレン・イシイ(ルーシー・リュー)との対決シーンに「悲しき願い」のインストゥルメンタル部分が使用されています(そのあと、梶芽衣子の「修羅の花」が、引き継ぐように流れます)。

追伸:本来はディスコミュージックである同曲ですが、汎用性がムチャクチャ高いんですね。

以下にYouTubeのリンクを貼っておきます。興味のある方は御覧ください(1:32:40秒頃から「悲しき願い」が流れます)。

www.youtube.com/watch?v=tNxagPKQhF4(Kill Bill: Volume 1)

2022/02/02

Bang Bang (My Baby Shot Me Down) /Kill Bill(OST)

 アメリカ出身の歌手、女優、フランク・シナトラの娘、ナンシー・シナトラの「Bang Bang (My Baby Shot Me Down)」です。1966年に発売されたアルバム、『How Does That Grab You?』の収録曲。ちなみに、オリジナルは、アメリカの女性歌手、シェールの同名曲です。

Bang Bang (My Baby Shot Me Down)」のナンシー・シナトラVersionは、発売当時ほとんど注目されませんでしたが、2003年に公開されたクエンティン・タランティーノ監督の映画、『Kill Bill: Volume 1』のオープニングで使用されたのち、再評価されました。

追伸:同曲も、梶芽衣子の楽曲、「修羅の花」と、ある意味、世界観が共通していますね(タランティーノらしい選曲です)。

 

2022/01/11

梶芽衣子(Meiko Kaji)/The Flower Of Carnage(Kill Bill OST)

日本の女優、梶芽衣子(かじめいこ)の「修羅の花」です。1973年に公開された梶主演の日本映画、『修羅雪姫』の主題歌。ちなみに、同曲は、彼女の大ファンを公言するクエンティン・タランティーノ監督のアメリカ映画、『KillBill: Volume 1』のサウンドトラックとしても使用されました。

 

「梶芽衣子の曲は、私を魅了します。」、「何を言っているのかはわかりませんが、私はこの曲が好きです。」というスペイン語圏ネットユーザーの声あり。

追伸:歌唱力もさることながら、美しい声ですね。


2021/11/22

【Not a Rocky theme】こちら葛飾区亀有公園前派出所(Police Box in Front of Kameari Park, Katsushika Ward)/ドルフィン刑事(Detective Dolphin)BGM

 警視庁の『特殊刑事課』に所属する、ドルフィン刑事本名:海野 土佐ェ門【うみの どざえもん】)が登場するシーンにかかるBGMです(1996年から2004年にかけて放送された日本のテレビアニメ、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」より)。ちなみに、『特殊刑事課』とは、警視庁が誇るエリート刑事(扱いづらい変わり者)集団で、10数人が所属しています(勿論、架空の部署です)。なお、サムネイルにドルフィン刑事は映っていません。

ドルフィン刑事は、海の事件を担当。階級は警視。小型潜水艦に搭乗し、数匹のイルカを従えて登場します(数匹のイルカと共に水上警察隊を名乗っています)。

追伸:『エイドリアン!!』と叫びたくなるBGMですね……w 


2021/10/17

Plastic Heart/Ciscandra Nostalghia (John Wick: Chapter 2 OST)

 アメリカのシンガーソングライター、シスカンドラ・ノスタルギア(Ciscandra Nostalghiaの「Plastic Heart」です。ちなみに、同曲は、キアヌ・リーブス主演のアメリカのアクション・スリラー映画、「ジョン・ウィック:チャプター2John Wick: Chapter 2」のオリジナルサウンドトラックです。

同映画の日本版ポスター等で使われたキャッチコピーは「伝説の殺し屋VS世界中の殺し屋」ですが、まさにサムネイルのような状況なわけです。

追伸:かなりバイオレンスな映画ですが、キアヌfanの方には見ていただきたいですね。


2021/10/02

The Matrix Reloaded(2003)/The Matrix highway BGM (OST)

2003年公開のアメリカ映画、「マトリックス リローデッド(The Matrix Reloaded」の中で、バイクに乗ったトリニティー(キャリー=アン・モス)が、高速道路でエージェントとカーチェイスをする場面等で使用されたBGMです。

「バイクで夜の首都高を走るときに必ず聴いている。もうたまんねーーーーー!!!」、「脳内麻薬ドバドバ出てヤバいから、スピードはホント出し過ぎないように!」と自己を戒めつつエンジョイしているコメントあり。追伸:確かに、このBGMを聴くと、β-エンドルフィン(脳内麻薬)の分泌が増加するような気もしますね。


2021/09/30

Wailing Souls/ Picky Picky HeadーCool Runnings ost (1993)

ジャマイカのレゲエ・グループ、ウェイリング・ソウルズ(The Wailing Soulsの「Picky Picky Head」です。1993年に公開されたボブスレーを題材としたアメリカのコメディー映画、「クール・ランニング(Cool Runnings」のオリジナルサウンドトラック。

クール・ランニング」は、南国ジャマイカのボブスレー男子4人乗りチームが、1988年にカナダのカルガリーで開催された冬季オリンピックに初出場した実話を基に制作された作品です。追伸:カルガリーの雪景色に南国の陽気なレゲイのリズムが妙にマッチしていました(同作品をまだ見ていない方は是非ご覧ください)。

2021/09/29

【JapaneseTVdrama】プロポーズ大作戦(Operation Love)OST/明日晴れるかな(Is it going to be sunny tomorrow) Piano & Strings Version

 2007年に放送された日本のテレビドラマ、「プロポーズ大作戦(Operation Love」のOSTです。曲名は、「明日晴れるかな」(Piano & Strings Version。日本の男性シンガーソングライター、桑田 佳祐(くわた けいすけ)の楽曲です。

「プロポーズ大作戦」は、思いを寄せていた幼なじみ・吉田礼(長澤まさみ)に告白できないまま、彼女の結婚式に出席することになった主人公・岩瀬健(山下智久)が、妖精(三上博史)の力を借りて過去に戻って恋の成就を試みるラブコメディです。追伸:岩瀬健は何度過去に戻っても、現在の状態(礼が多田と結婚すること)を覆すとこが出来ず、結局、結婚式の場で、祝辞ならぬ『礼に対する愛の告白』をしてしまいます(こういうことが実際あったならば、てんやわんやの騒ぎになるでしょうね)。これを『勇気と見るのか暴挙と見るのか』・・・・・・(個人的には、『健三よ、よくやった』と思います)。

2021/09/17

Taro Iwashiro/Once in a Blue Moon(With Love)1998

 日本の作曲家、ピアニスト、岩代太郎の「Once in a Blue Moon」です(1998年発表)。ちなみに、同曲は、日本のテレビドラマ、「With Love」の中で主人公である、音楽クリエーター長谷川天(竹野内 豊)の自作曲として使用されました。

この曲が、メールの誤送信で、てるてる坊主(田中 美里)に送られたことがきっかけで物語が展開していきました。追伸:インターネットが普及しつつある時に、こんな美しいメロディーが送信されてきたら、だれでも気になりますよね?

2021/09/15

【JapaneseTVdrama】踊る大捜査線(Bayside Shakedown)/Love Somebody instrumental version

 1997年に、フジテレビ系列で放送された日本の刑事ドラマシリーズ、「踊る大捜査線」の中で使用された曲、「Love Somebody」のインストゥルメンタルversionです。ちなみに、同ドラマの舞台となった、「湾岸署」は放送当時の架空の警察署でしたが、実際にも、東京水上警察署を移転改築し近隣署と管轄を調整。臨海副都心全体を管轄する警察署として、「東京湾岸警察署」が2008331日に開署しています。

10話で、真下が安西に拳銃で撃たれた後、雨の中、捜査員総動員で弾丸を懸命に捜索しているシーンが印象に残りますね。追伸:いつもとは異なり、同BGMで放送が終了しましたね(感動的でした)。

2021/09/14

Taro Iwashiro/My Own Life(1996)

 日本の作曲家、ピアニスト、岩代太郎の「My Own Life」です(1996年発表)。ちなみに、同曲は、日本のテレビドラマ、「白線流し(はくせんながし)」の中で使用されました。なお、岩代は、そのほか数多くの映画、テレビドラマ等の音楽を手掛け、2008年には、ジョン・ウー監督作品の映画、「レッドクリフ(Red Cliff)」の音楽も担当しました。

岩代太郎さんの音楽がとても好き。」、「fantastic」等絶賛するネット上の声あり。追伸:確かに、聴いていて、とても気持ちの良いメロディーですね(すこし、悲しげなトーンがあるのも魅力です)。

2021/09/07

My Kullsvik/Hello(The Umbrella Academy Season 2 Soundtrack)

 スウェーデンの女性シンガー、My Kullsvikの「Hello」です。Netflix配信のスーパーヒーロードラマ、「The Umbrella Academy Season 2で使用された楽曲です。ちなみに、オリジナルは、イギリスの歌手、アデル(Adeleの同名曲。

スウェーデン語で歌っていますね(第5話の中で、スウェーデン人の殺し屋が弟を弔うシーンで流れます)。

 

2021/09/03

Keep Your Mind Wide Open(Bridge to Terabithia)/song by AnnaSophia Robb

 アメリカの女優、アナソフィア・ロブ(AnnaSophia Robbの「Keep Your Mind Wide Open」です。2007年に公開されたアメリカのファンタジー映画、「テラビシアにかける橋(Bridge to Terabithia」で使用された楽曲。

 

映画の中で、アナソフィア・ロブは、豊かな感性と正義感の強いレスリー役を好演しています。追伸:興味のある方は本編映画を是非御覧ください(秀作です)。


2021/09/02

Bee Gees /More Than A Woman(1977)Lyric Video

 イギリス人のギブ三兄弟を中心に構成された男性ボーカルグループ、ビージーズ(Bee Geesの「More Than a Woman」です(1977年発表)。1977年に制作されたアメリカ映画、「サタデー・ナイト・フィーバー(Saturday Night Fever」の中で、トニー(ジョン・トラボルタ)とステファニー(カレン・リン・ゴーニイ)が踊るときに流れる曲です。

当時、「サタデー・ナイト・フィーバー」の影響を受けた私は、白いスーツに身を纏い、新宿のディスコ、「Tomorrow U.S.A.」に遠征していました。追伸:若さって、こういうものですよね・・・・・・・・・・・・?

2021/08/26

Clocktower /Back To The Future OST

1985年公開のアメリカのSF映画、「Backto the Future」のオリジナル・サウンドトラックです。作曲は、アメリカの指揮者、作曲家、アラン・シルヴェストリ(Alan Silvestri。ちなみに、アランは同映画のほか、「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」、「アベンジャーズ」シリーズ等多くの映画音楽を手掛けています。

「ジョージがビフからロレインを守ったことを確認したマーティー → ドクがトラブルに見舞われながらも時計台でタイムトラベルの準備をしている光景 → マーティーのタイムトラベル成功」。以上が目に浮かんできますね。