ラベル KISS(キッス) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル KISS(キッス) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/12/07

Kiss/Detroit Rock City(1976)

 アメリカ東海岸を代表するハードロック・バンド、キッス(KISSの「Detroit Rock City」です。1976年に発売された4枚目のスタジオアルバム、「Destroyer(地獄の軍団)」の収録曲で、同年シングルカットされました。ちなみに、歌詞の題材は、キッスのコンサートへ向かう途中で交通事故に逢い死亡した実在のファンに関するものであり、オープニングでは車に乗り込んでドライヴに出かける様子(カーラジオからは、キッスの「Rock and Roll All Nite」が流れています)、エンディングでは、車がトラックと衝突してガソリンが漏れ出し、引火して大爆発する様子が収録されています。なお、同曲は、「死亡したファンが、事故にあう直前まで最高の気分でいてくれた。」という思いが込められていると考えられます。

有名なツイン・リードギターによる中盤のソロ・パートは、メンバーの演奏ではなく、プロデューサーのエズリンによるものです。

追伸:「Detroit Rock City」は、MLBデトロイト・タイガースのホームゲームの試合開始で、チームがグラウンドに出る時に流すそうです(盛り上がるでしょね…)。

2021/11/25

KISS/God Of Thunder(1976)

 アメリカ東海岸を代表するハードロック・バンド、キッス(KISSの「God of Thunder(雷神)」です。1976年に発売された4枚目のスタジオアルバム、「Destroyer」の収録曲。ちなみに、同曲は、当初、キッスの創設メンバー、ポール・スタンレーが、自分で歌うために書いたものの、プロデューサーに、「この曲はジーン(ジーン・シモンズ、サムネイル一番右)が歌うべきだ」と言われたことから、彼の『テーマソング』となった経緯があります。

197744日に行われた日本武道館でライブでは、『ジーンのおどろおどろしい血吐き』に会場、異様な盛り上がりを見せたようです。

追伸:「叫ぶ子供たちの声」等、様々なサウンドエフェクトが使用されていますね(ジーンの声質にピッタリの曲です)。

2021/11/21

KISS/I Was Made For Lovin' You(1979)

 アメリカ東海岸を代表するハードロック・バンド、キッス(KISSが、19795月に発売したシングル、「I Was Made For Lovin' You」です。ちなみに、同曲は、アメリカビルボードのシングルチャートで11位まで上昇。ミリオン・セラーを記録し、日本、ヨーロッパ、オーストラリアをはじめ世界中で大ヒットしました。

同時期にCM曲として日本で大ヒットした、桑名 正博の『セクシャルバイオレットNo.1』のイントロ部分が、「I Was Made For Lovin' You」に似ていたことから当時だいぶ話題となりました。

追伸:1979年当時の著作権に対する考え方と、『イントロ部分のみの類似性』等に照らして私は、セーフだと思います。

2021/11/14

KISS/Shout It Out Loud(1976)

 アメリカ東海岸を代表するハードロック・バンド、キッス(KISSの「Shout It Out Loud」です。1976年に発売された4枚目のスタジオアルバム、「Destroyer」の収録曲ですが、先行シングルとして同年に発売されました。ちなみに、同バンドは、ロック界に『コープス・ペイント(顔を黒と白に塗る化粧)』を取り入れたことでも有名です。

同曲は、KISS初のシングルチャート1位になった曲で、その後長年にわたって、ほぼすべてのツアーで演奏されています。

追伸:今聴いても古さを感じさせない、ロックの名曲だと思います。