ラベル Jazz(ジャズ) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Jazz(ジャズ) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/08/07

Donald Fagen/Miss Marlene(2012)

 アメリカのミュージシャン、シンガーソングライター、ドナルド・フェイゲン(Donald Fagenの「ミス・マーリーン (Miss Marlene)」です。2012年に発売されたオリジナルアルバム、「サンケン・コンドズ」の収録曲。ちなみに、ドナルド・フェイゲンはアメリカのクロスオーバーバンド、スティーリー・ダン(Steely Danの創設者として知られています。

ツアーやレコーディングではフェイゲンはキーボード演奏を担当し、またレコーディング曲は、ほぼ全てのリードボーカルを担当しています。


2021/07/21

Grant Green/Nancy (with the Laughing Face)1962

 アメリカ、ミズーリ州、セントルイス生まれでブルーノート・レコードを代表するジャズ・ギタリスト、グラント・グリーン(Grant Greenの「Nancy (with the Laughing Face)」です。1942年に、ジミー・ヴァン・ヒューゼンが作曲した同曲は、グラント・グリーンのほか、数多くのジャズ・シンガー、奏者によってカバーされています。

 ほっとするギター演奏ですね。肩の力が抜け癒されます。

2021/07/20

John Coltrane/Blue Train(1957)

 アメリカ、ノースカロライナ州出身のモダンジャズを代表するサックスプレーヤー、ジョン・コルトレーンの「ブルー・トレイン(Blue Train)」です(1957年発表)。同名アルバムの冒頭収録曲。ちなみに、ブルー・トレインとは、国内外ともに、客室付き寝台列車のうち、客車の車体が青く塗装されているものを言います。

皆さん、この曲を聴いて、ブルー・トレインに乗ったような気持ちになりましたか・・・・・・・・?追伸:夜中に通路側の座席に座ってぼんやりと遠くを見ていた時代が懐かしいです。

2021/07/19

Bill Evans/Like Someone in Love(愛している人のように)

 アメリカのモダンジャズ界を代表するピアニスト、ビル・エヴァンス(Bill Evansの「Like Someone in Love」です。この曲は、1944年製作のアメリカ映画、「Belle of the Yukon(ユーコンの女王)」で使用された楽曲で、その後ジャズのスタンダード・ナンバーとなりました。

ビル・エヴァンスは、ドビュッシー、ラヴェルなどのクラシック音楽に影響を受けるとともに、スタンダード楽曲を題材とした創意に富んだアレンジ、優美なピアノタッチ、インター・プレイといった演奏スタイルが多くのジャズピアニストに影響を与えました。追伸:完成されていないように聴こえる演奏が魅力ですね(ドビュッシーの印象主義的な和音の影響でしょうか?)。


2021/06/25

Candy Dulfer & David A Stewart /Lily Was Here(1989)

 オランダ、アムステルダム生まれのサックス奏者、キャンディ・ダルファー(Candy Dulferの「Lily was here」です(1989年発表)。同曲の音楽プロデューサーは、ギタリストでもあるデイヴ・スチュワート(Dave Stewart

キャンディ・ダルファーは当初は、マドンナ、プリンス等のオランダ公演のバックバンド・ミュージシャンとして注目を集めましたが、その後、オランダ映画『Lily Was Here』のサウンドトラックに参加。彼女が起用された同名のタイトル曲がヨーロッパのヒット・チャートで1位を獲得し、その後、世界的に人気を得ました。


2021/06/03

Chet Baker /I Fall in Love Too Easily ーMarina Glass(マリナ・グラス)Trumpet solo

 カナダ、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身の音楽大学学生、Marina Glass(マリナ・グラス)のトランペット演奏です。曲は、アメリカのジャズミュージシャン、トランペット奏者、チェット・ベイカー(Chet Bakerの「I Fall in Love Too Easily」。

女性のトランペット奏者は少ないですね。頑張って練習してメジャーになって下さい。

2021/03/27

Sunspot Dance (First Take Version) ー松岡直也(Naoya Matsuoka)

 横浜市中区本牧生まれの日本のジャズピアニスト、ラテンフュージョンミュージシャン、松岡 直也の、「Sunspot Danceです(First Take Version)。

 おしゃれで、なぜか悲しい、松岡 直也のラテンジャズをご堪能ください。

2020/11/14

Jazz flow/Tash Wolf(タッシュ・ウルフ)

 オーストラリアのシドニー在住のギターリスト、ミュージシャン、Tash WolfJazz flow演奏動画です。

  なんだか、ほっとしますね。

2020/05/30

ミントブリーズ(Mint Breeze)

ジャズピアニスト、今田勝の作品です。曲は、「ミントブリーズ」(1999年発売)。


流れるような旋律。時間を忘れさせてくれます。