ラベル Bee Gees(ビージーズ) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Bee Gees(ビージーズ) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/10/31

Saturday Night Fever (Opening Credits)/Stayin' Alive(1977)

 1977年制作のアメリカ映画、「サタデー・ナイト・フィーバー(Saturday Night Fever」のオープニング映像です。主演は、アメリカの俳優、ジョン・トラボルタ。曲は、イギリス人のギブ三兄弟を中心に構成された男性ボーカルグループ、ビージーズ(Bee Geesの「Stayin' Alive」です。

 

私の学生時代に多大なる影響を与えた作品です(この映画によって、ディスコの世界に嵌ってしまいました)。ちなみに、髪型も、ほぼトラボルタ状態になっていましたw

追伸:今改めてオープニング映像を見ると、時代の寛容さを感じますね(この頃は、日本も『隙だらけ』だったように思います)。


2021/10/01

Bee Gees/Massachussetts(1967)

 イギリス人のギブ三兄弟を中心に構成された男性ボーカルグループ、ビージーズ(Bee Geesの「マサチューセッツ (Massachusetts)」です(1967年発表)。ちなみに、同曲は、ビージーズにとってオーストラリアとイギリスで初めてとなるナンバー1ヒットとなり、世界中で500万枚を超える大ヒットとなりました。

ビージーズがこの曲を書いたときは、まだマサチューセッツに行ったことがなかったそうです(『マサチューセッツ』という語感が単に好きだったみたいです)。ちなみに、同曲は、世界の各国で1位を獲得しましたが、マサチューセッツ州があるアメリカでは11位に留まるという皮肉な結果となりました。

2021/09/04

Bee Gees/Tragedy(1979)

 イギリス人のギブ三兄弟を中心に構成された男性ボーカルグループ、ビージーズ(Bee Geesの「Tragedy (哀愁のトラジディ)」です(1979年発表)。ちなみに、同曲は、全米ビルボードシングルチャートで2週連続1位、全英でも1位を獲得しています。

曲のサビの部分のために、そのほかのメロディーが存在しているともいえますね。追伸:イントロが、水谷豊の「カリフォルニア・コネクション」に似ているとのネット上の指摘がありますが(最初聴いたときはそうは思いませんでしたが・・・)、レコーディングはビージーズの方が先ですね。私的には、「カリフォルニア・コネクション」の制作過程で偶然、似たようなメロディーになったと思われます。

2021/09/02

Bee Gees /More Than A Woman(1977)Lyric Video

 イギリス人のギブ三兄弟を中心に構成された男性ボーカルグループ、ビージーズ(Bee Geesの「More Than a Woman」です(1977年発表)。1977年に制作されたアメリカ映画、「サタデー・ナイト・フィーバー(Saturday Night Fever」の中で、トニー(ジョン・トラボルタ)とステファニー(カレン・リン・ゴーニイ)が踊るときに流れる曲です。

当時、「サタデー・ナイト・フィーバー」の影響を受けた私は、白いスーツに身を纏い、新宿のディスコ、「Tomorrow U.S.A.」に遠征していました。追伸:若さって、こういうものですよね・・・・・・・・・・・・?

2021/04/17

Bee Gees/To Love Somebody (1967)

 イギリス人のギブ三兄弟を中心に構成された男性ボーカルグループ、ビージーズ(Bee Geesの「To Love Somebody」です(1967年発表)。

To Love Somebody」はいくつかの映画で使用されましたが、イギリス映画、「小さな恋のメロディ(Melody」(1971年公開)の中でのダニエル(マーク・レスター)の疾走シーンでの使用は秀逸でした。

2021/01/27

Bee Gees/How Deep Is Your Love(1977)

 イギリス人の男性ボーカルグループ、ビージーズ(Bee Geesの「愛はきらめきの中に(How Deep Is Your Love)」です(1977年発表)。

  2016119日羽田発秋田行JAL161便の映像です。