9/12/2023

内容証明郵便が届いたら、ビビッてしまい、つい余計な返答したことで取返しがつかない状況になったしまった…という物語

 山田太郎は、ある日、自宅のポストに内容証明郵便を見つけた。差出人は、かつて勤めていた会社の社長だった。山田は、その会社を辞めた後、自分のブログで会社の悪口を書いていた。社長は、それを見て、名誉毀損で訴えると脅してきたのだ。

山田は、パニックになった。自分のブログは、誰も読んでいないと思っていたが、まさか社長に見られていたとは。しかも、内容証明郵便というのは、法的な効力があるものだ。これに返答しなければならないのだろうか。山田は、インターネットで調べてみたが、よくわからなかった。

そこで、山田は、思い切って内容証明郵便を開けてみた。中には、社長からの手紙が入っていた。手紙には、以下のように書かれていた。

「私は、あなたがブログで私や会社に対して書いたことについて、非常に憤慨しています。あなたは、私や会社を中傷し、名誉を傷つけました。これは、明らかに名誉毀損です。私は、あなたに対して以下の要求をします。

1.  あなたは、ブログで私や会社に対して書いたことをすべて削除すること。

2.  あなたは、ブログで私や会社に対して謝罪すること。

3.  あなたは、私や会社に対して100万円の損害賠償を支払うこと。 これらの要求に応じる場合は、10日以内に書面で回答すること。応じない場合は、法的手段に訴えます。」

山田は、目を疑った。100万円も払えるわけがない。しかも、ブログで謝罪するなんて恥ずかしすぎる。山田は、怒りと恐怖で震えた。自分の言論の自由を侵害されていると感じた。山田は、社長に対して反撃することを決意した。

山田は、内容証明郵便に同封されていた返信用封筒に手紙を書き込んだ。手紙には、以下のように書かれていた。

「私は、あなたからの内容証明郵便を受け取りましたが、あなたの要求に応じるつもりはありません。私がブログで書いたことはすべて事実です。あなたや会社がどれだけ悪徳で不正で無能であるかを世間に知らせる義務があります。私は、あなたや会社から何も恐れません。あなたが法的手段に訴えると言ってもかまいません。私も弁護士を雇って対抗します。私は、あなたや会社からの脅しに屈しません。」

山田は、手紙を封筒に入れて、内容証明郵便として送り返した。山田は、自分の勇気に満足した。社長に見返してやったと思った。

しかし、山田は、大きな間違いを犯していた。内容証明郵便に返答することは、自分がブログの著者であることを認めることになるのだ。社長は、山田の返信を受け取って、喜んだ。社長は、すぐに弁護士に連絡して、山田を訴える準備をした。

山田は、数日後、裁判所から召喚状を受け取った。山田は、驚いて弁護士を探したが、高額な費用がかかることを知って断念した。山田は、自分で裁判に臨むことにした。

裁判では、社長の弁護士が、山田のブログの記事や内容証明郵便の返信を証拠として提示した。山田は、自分の主張を述べたが、説得力がなかった。裁判官は、社長の訴えを認めて、山田に対して以下の判決を下した。

「被告は、原告に対して以下の措置をとること。

4.  被告は、ブログで原告や原告の会社に対して書いたことをすべて削除すること。

5.  被告は、ブログで原告や原告の会社に対して謝罪すること。

6.  被告は、原告や原告の会社に対して300万円の損害賠償を支払うこと。 これらの措置に従わない場合は、罰金や拘留などの処分を受けること。」

山田は、呆然とした。300万円も払えるわけがない。しかも、ブログで謝罪するなんて恥ずかしすぎる。山田は、後悔と絶望で泣き崩れた。自分が余計な返答をしたことで取返しがつかない状況になってしまったことを悟った。

0 件のコメント:

コメントを投稿

他人に影響を与える人物は幽体が大きい…という物語

  幽体とは、人間の魂や精神のことである。幽体は肉体から離れることができ、自由に空間を移動したり、他人の幽体に触れたりすることができる。しかし、幽体は肉体に繋がっているため、肉体が死ぬと幽体も消滅する。  幽体の大きさは、人間の性格や能力によって異なる。一般的に、自信や才能や...