9/19/2023

『ロシア・ウクライナ戦争』に乗じて軍事評論家と称する人物が、『ロシアを叩き潰す作戦』を得意げに語る違和感は…という物語

 「ロシアはもう終わりだ。ウクライナに対する侵略は国際社会の反発を招き、経済的にも軍事的にも孤立するだろう。NATOはすでにウクライナに兵器や支援を送っており、必要ならば直接介入する用意もある。ロシアの核兵器も効果がない。NATOのミサイル防衛システムはロシアの核ミサイルを迎撃できるし、逆にNATOの核兵器はロシアの防空システムを突破できる。ロシアが核兵器を使えば、自滅するだけだ。」 

テレビの画面に映る軍事評論家は、自信満々にそう語った。彼はかつて米国の軍事機関で働いていたという経歴を持ち、ロシアや中国などの敵国に対する強硬な姿勢で知られていた。彼は自らを「戦争の専門家」と呼び、メディアやSNSで頻繁に登場しては、自分の考えた「ロシアを叩き潰す作戦」を披露していた。 

しかし、彼の言葉には誰も耳を傾けなかった。彼の作戦は現実離れしており、多くの問題やリスクを無視していたからだ。彼はロシアの軍事力や政治力を過小評価し、NATOの軍事力や政治力を過大評価し、核戦争の恐ろしさや危険性を軽視していた。彼は自分の理想や願望を現実と混同し、自分の思い通りに世界が動くと思い込んでいた。 

彼はただの軍事オタクであり、戦争ゲームに夢中になっている子供であり、世界平和や人類の幸福に関心がない人間であった。彼は戦争を楽しみとしており、自分のエゴやプライドを満たすために戦争を煽っていた。彼は戦争の被害者や犠牲者に対する同情や共感がなく、戦争の責任や罪悪感も感じなかった。 

彼は違和感そのものであった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

他人に影響を与える人物は幽体が大きい…という物語

  幽体とは、人間の魂や精神のことである。幽体は肉体から離れることができ、自由に空間を移動したり、他人の幽体に触れたりすることができる。しかし、幽体は肉体に繋がっているため、肉体が死ぬと幽体も消滅する。  幽体の大きさは、人間の性格や能力によって異なる。一般的に、自信や才能や...