『祈り』には効果があるのか?

祈っても『気の転換以上の効果は全くない』ということは既に述べましたが、実は、『祈り』には『単純に効かない』ということでは済まされないマイナス面があります。それは『祈りへの依存性』ということです。つまり、祈る人の心理状態を考えると、『何か自分に足りないものを補っていただきたい』と考えて『神的な存在に』お願いするというという側面があるわけです。これは『人類(他者)』のために祈る場合であっても同じです。つまり、『自分ではどうしようもないからお願いします。助けて下さい。』と言う心理状態なんです。ここで皆さんは『それでもその人が信じているんだからいいんじゃないの?』と思われるかもしれませんね。しかし、そういうことではありません。祈りに依存すると、自分のインスピレーション(直観)に重要な悪影響を与えてしまうからです。本来なら、ある事象を直感的に捉え、順調に進んでいくところを、余計なことをしたおかげで、自分本来の感覚が生かせないことになるんです。何も祈っていない人は自分の直観や過去の経験則を利用して幸せに生活しているところ、『良かれと思い祈ってしまったばかりに不幸なる』という笑えない現実があります。そして、このような『祈りのマイナス効果』はその人を不幸にするだけでなく周りの人間にも悪影響を及ぼします。

以上のことは、なにも『カルト的な宗教団体が提唱する祈り』だけではありません。『世間的に評価されている宗教団体の祈り』であっても同じです。『オッカムの剃刀(オッカムのカミソリ)』的に表現するならば、『祈っても効果がない』と考えるべきであり、『今後もズーっと祈らなければ効果がでない』と考えるのは間違っているのです。悲しいことですが、これが現実です。さらにこのことは、おそらく『あらゆる祈り』に共通する『不都合な真実』だと思います。なお、念のためですが、私が『祈っても全く効果がない』と言っているのは、あくまでも現実生活への影響についてであって、死後、『極楽浄土』『天国』あるいは『霊界の高い層』に行ける効果は『祈りにはない』、と断言しているわけではありません。