『他力』の考え方は有効に機能しない?

 既に述べたように『他力』とは、仏教的には『仏・菩薩の加護の力』をいい、『それを拠り所に生活する』ことを『他力的な生き方』と言います。ここまで聞くと『他力』には『自力』が入り込む余地がないように思えますが実はそうではありません。悟りの境地に近い人物は別として、一般の人が『他力的な生き方』とすると、自分がした『自力』的結果に対して不満の思いが募るのです。なぜならば、『他力』という『何か不可思議な力が現実生活に悪い影響を与える訳はない』という思いがあるからです。それは『仏・菩薩の加護の力』を無意識的に自己の欲望実現のために利用しているに過ぎません。このようなアプローチに『仏・菩薩の加護の力』は生じないのです。そうではなく『自分の直観(インスピレーション)』を信じていけるところまで行く(『自力』ですね)。そうすると必ず壁にぶち当たります。その時に自分の無力さを知り『仏・菩薩の加護の力を信じ託すしかない』という心が芽生えるのです。そして、『延命十区観音経を唱えるしかない』と思うわけです。そのような心の状態となったときに初めて『霊験』が生じるのだと思います。