『悟り』を開くことはできるのか?(空の境地になろうとすることは危険)

わたしは、『悟り』とは、『空の境地に到達し、その空を自在に操りながらもそれに捉われず、自分の身に何が起ころうとも平穏でいられること』だと考えますが、その境地に完全に到達できた人類は『釈尊(仏陀)』だけです。つまり、普通の人がいかなる修行をしても悟りを開くことはできません。

『空の境地』の到達を目標に、座禅、ヨーガ、瞑想等を一般人(修行者も同様ですが…)が行うことは極めて危険なことであり、絶対に避けるべきです。相当な先導者がいても同じです。また、それと類似的な行為として『考えない練習』をすることも危険ですね(この点についても既に体験済みです)。結局、『悟り』、とか『空の境地』というものは目指すものではなく、ある限定された特別な人に起こる現象だと考えます。