2021/08/21

miwa/ヒカリヘ(Towards the light)

 神奈川県三浦郡葉山町生まれ、東京育ちの日本の女性シンガーソングライター、miwa(ミワ)82022時よりYouTubeにてプレミア公開した動画です。曲は、「ヒカリヘ」(2012年発表)。ちなみに、同曲は、フジテレビ系ドラマ、「リッチマン、プアウーマン」の主題歌ですが、miwaが同ドラマの台本を読んだ後に書き下ろしたそうです。

今のような時期だからこその選曲なんですね。追伸:「覚悟を感じる歌声」というネット上の声がありますが、そのとおりだと思います。お聴きください。

Dire Straits/Sultans Of Swing (1978) drum cover by Sina

 アメリカ在住のドラマー、Sina(シーナ)のドラムカバー演奏です。曲は、イギリスのロックバンド、ダイアー・ストレイツ(Dire Straitsの「Sultans Of Swing」(1978年発表)。ちなみに、同バンドは、1970年代末から90年代初頭に掛けて、流行とは一線を画した音楽で世界的な人気を誇りました。

いつもながら、Sinaのリズム感とスティック捌きは素晴らしいですね。是非お聴きください。

 

박혜경(Park HyeKyung)/고백 (Confession)ーcover by 류민희(RYUMINHEE) Short version

 韓国在住のユーチューバー、リュミンフイ(류민희RYUMINHEE)の動画です。曲名は、韓国の歌手、パク・ヘギョン(Park HyeKyung)告白」。

「蜂蜜ボイスでニンジンマイクも完璧」、「目の前で聴くような感じがいい」、「フルバージョンが急がれます」という韓国人ユーザーの肯定的な声多数。

2021/08/20

Bananarama/Venus(1986)

 イングランド出身のガールズグループ、バナナラマ(Bananaramaの「Venusヴィーナス)」です(1986年発売)。オリジナルは、オランダのロックグループ、Shocking Blue (ショッキング・ブルー)1969年に発売した同名曲。

 

「山の頂上に素晴らしい女神がいるんだけど、あなたの女神は私なのよ。」という趣旨の歌詞ですね。追伸:かなり強気な彼女ですね・・・・・


【skit】バンビーノ(Bambino)/「スンシー(Sunshi)」

 ツッコミ担当の石山タオルとボケ担当の藤田ユウキから成る、日本のお笑いコンビ、バンビーノのコントライブ映像です。ネタは「スンシー」。ちなみに、バンビーノはリズムネタを中心とするはコントを主に行っていますが、漫才をすることもあるようです。

 

ネタは、石山(マッサージをしている方)が体験したことや夢で見たことがきっかけで出来、更にイメージを膨らませて完成させているようです。


Ain't No Mountain High Enough/Sisters Act 2(1993)

 1993年に公開されたアメリカ映画、「天使にラブ・ソングを(Sister Act 2: Back in the Habit」のエンドロールで同映画の出演者によって歌われた、「Ain't No Mountain High Enough(高い山なんてない)」です。オリジナルは、アメリカのミュージシャン、Marvin Gayeとアメリカの女性歌手、Tammi Terrellの同名デュエットソング

ウーピー・ゴールドバーグ、ローリン・ヒル、トビー・ライアン等が抜群の歌唱力を披露しています。是非お聴き下さい。

Abba /Waterloo (1974)Lyrics

 スウェーデン、ストックホルムで結成されたポップ・グループ、ABBA(アバ)の「Waterloo(恋のウォータールー)」です(1974年発表)。ちなみに、同曲は、1974年に開催されたユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝曲です。

タイトルの「Waterloo」とは、ナポレオンが敗れた、「ワーテルローの戦い」のことですが、それと恋の戦争を重ね合わせ、より相手に惚れてしまった方が「君には負けだ。」と白旗を上げているような歌詞となっています。追伸:このリズム感はABBA特有のものですね。

Linda Ronstadt/Desperado (1973)

 アメリカ出身の女性歌手、ミュージシャン、リンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadtの「Desperado(ならず者)」です(1973年発売)。ちなみに、リンダは自ら作詞・作曲はせず、ほぼ全曲、過去に世に出た曲をカバー。同曲も、彼女のバック・バンドを務めたイーグルスの同名曲のカバーソングです。

「アウトローの荒んだ心を諭すように歌うバラード」とされている同曲ですが、「人生に失望して自暴自棄になっている人への友人からの語りかける言葉」という解釈も成り立ちますね。追伸:私自身はアウトローではありませんが、この曲が心に沁みました。


Blondie/Call Me(1980)

 女性ボーカリスト、デボラ・ハリーが在籍したアメリカのロックバンド、ブロンディ(Blondieの「Call Me」です(1980年発売)。ちなみに、同グループは、1982年に1度解散しましたが1997年に再結成。2006年に「ロックの殿堂」入りを果たしました。

「この頃が一番楽しいときだったなあ〜あの頃に戻れたらねぇ。」という趣旨のネット上の声多数あり。

2021/08/19

Miki Matsubara /真夜中のドア〜stay with me(1979)

日本の歌手、松原みき(まつばら みき)の「真夜中のドア〜Stay With Me」です(1979年発売)。同曲は、彼女のデビュー曲で当時オリコンチャートは最高28位、レコードセールスは30万枚を記録するヒットとなりました。ちなみに、同曲は、日本の198090年代のシティポップへの関心の高まりもあって、2020年頃から海外でも広く聴かれるようになっています。

 

制作段階での曲名は「Stay with Me」でしたが、偶然にも、堺正章による「Stay with Me」が先にリリースされてしまったため、急遽頭に"真夜中のドア"が追加されて「真夜中のドア~Stay with Me」となったそうです。追伸:今考えると、曲名が変わってよかったと思います。

 

Meiko Nakahara / Dance in the memories (ダンス・イン・ザ・メモリーズ )1988

 千葉県四街道市出身の日本の女性シンガーソングライター、中原めいこの、「Dance in the memories」です(1988年発売)。ちなみに、1984年にカネボウのキャンペーンソングとして制作した楽曲、「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」は彼女の代表曲。

中原 めいこは、198222歳の時にシングル「今夜だけDANCEDANCEDANCE」でデビュー。同期には、中森 明菜、小泉 今日子、早見 優、堀 ちえみ等がいます。追伸:「Dance in the memories」は、今聴いても素敵な曲ですね。

IU(아이유) /Good Day(좋은 날) 2020.9.18

 韓国の歌手、IU(アイユー)KBS WORLD TVの人気音楽番組、「Sketchbook(スケッチブック)」に出演した際の動画です。曲は、「Good Day(좋은 )」(2020918日放送)。ちなみに、Good Dayは、IUの日本でのデビューシングルでもあります(2012321日発売)。

 

IUは、1993516日生まれ。身長は161.8。血液型はO型。好きなお菓子は、乾パン。牛乳は嫌いなようですね。追伸:曲の最後の方で、いわゆる、「3段ブースター(高音パートから徐々にキーを上げ、10秒以上も声を張り続ける)」 と呼ばれているテクニックを披露します。お聴きください。


Daryl Hall & John Oates/Private Eyes(1981)with Lyrics

 アメリカ、ペンシルベニア州、フィラデルフィア出身のブルー・アイド・ソウル・デュオ、ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oatesの「Private Eyes」です。1981年に発売された同名アルバムの収録曲ですが、同年にシングルカットされ、全米1位の大ヒットとなりました。

歌詞は、現在では、「ストーカー的な内容」であると解釈される可能性がありますね。追伸:しかし、その人を好きになったなら、「好きなその人を見ていたい。」と思うのは当然ですよね・・・・・・・(まあ、程度問題でしょうけど・・・・・)。

2021/08/18

The Trammps/Disco Inferno(1976)

 アメリカの、ディスコ、ソウルバンド、TheTrammpsの「Disco Inferno」です(1976年発表)。当初から、イギリス、アメリカでヒットしましたが、1977年制作のアメリカ映画、「サタデー・ナイト・フィーバー」でも使用され、1978年に再リリース。その後、アメリカで大ヒットしました。

この曲を聴くと、トニー(ジョン・トラボルタ)がフロアーで踊っているシーンを思い出します。


Patrice Rushen / Forget Me Nots (1982)

 アメリカ人、カリフォルニア州、ロサンゼルス出身のソウル/R&B歌手、ピアニスト、セッション・ミュージシャン、パトリース・ラッシェン(Patrice Rushenの「Forget Me Nots」です。1982年に発売されたアルバム、「ハート泥棒」の収録曲。ちなみに、同曲は、1997年公開のアメリカ映画、「メン・イン・ブラック」の主題歌としてサンプリング(ある録音された楽曲や音源の一部を切り出し、それを新たな楽曲の一部として用いる手法)され、リヴァイバルヒットしました。

ベースの刻みが心地よい曲ですね。追伸:パトリースは、幼いころから南カリフォルニア大学で英才教育を受け、6歳でピアノを弾き始めて神童と騒がれる程になりました。高校時代には、いくつものコンテストで優勝し、1974年にアルバム『Prelusion』にてデビュー。ちなみに、2005年にアメリカのバークリー音楽大学から名誉音楽博士号を受賞しています。


中森 明菜(Akina Nakamori )/スローモーション(Slow motion)1982

 東京都大田区生まれ、清瀬市育ちの日本の歌手、中森明菜のデビュー・シングル「スローモーション(Slow motion)」です(1982年発表)。来生 えつこ、来生 たかおの姉弟が作詞・作曲。ちなみに、初回盤にはカラーピンナップ付きアンケート用紙が封入されていたそうです。

同曲は、明菜自身初のレコーディングでしたが、「スローモーション」を、どうしても「スローモションー」と歌ってしまいディレクターに複数回注意されたようです。追伸:初々しい歌声で、現在聴いてもかなり新鮮ですね。

2021/08/17

Stevie Wonder/I Just Called To Say I Love You(1984)

 アメリカのシンガーソングライター、音楽プロデューサー、スティーヴィー・ワンダーの「I Just Called to Say I Love You(心の愛)」です(1984年発表)。アメリカのロマンティック・コメディ映画、「ウーマン・イン・レッド」のサウンドトラックとして使用されました。

同曲は、アメリカではビルボード3部門で1位、イギリスでは、スティーヴィーにとって初の全英シングルチャート1位を獲得しました。追伸:日本では、菅野 美穂と武田 真治のW主演のテレビドラマ、「君の手がささやいている」(1997年から2001年にかけて、スペシャルドラマとして5回放送)の主題歌としても使用されました。

【Japanese actress】浜辺美波(Minami Hamabe)ーいっぱい食べる君が好き(I like you to eat a lot)

 石川県出身の日本の女優、浜辺美波(本名同じ)が、いろいろなものを食べるシーンを編集した動画です。曲は、日本の女性シンガーソングライター、川本 真琴(かわもと まこと)の「いっぱい食べる君が好き」。

浜辺 美波は、2000829日生まれ。身長は157㎝、血液型はB型。趣味は読書で、宮部 みゆきのミステリー小説や東野 圭吾の作品、ハリー・ポッターシリーズをよく読んでいるそうです。

Chaka Khan/Through the fire(1984)

 アメリカ、イリノイ州出身の女性R&B歌手、チャカ・カーン(Chaka Khanの「Through the fire」(1984年発売)です。ちなみに、芸名の「Chaka」はアフリカの言語で「炎」、「赤い」という意味。

激しい歌詞のバラードですね。追伸:チャカ・カーンは常にアクティヴな性格で、レコーディングの際、アレンジが気に入らないと、殴りあうこともあったようです。

 

2021/08/16

【MMD】シニカルナイトプラン[4KJK] by Earl of Kelvin

 Earl of KelvinMMDを使用して制作したダンス動画です。キャラクターは、ほかの動画でも登場するJK。曲は、Ayase feat.初音ミクの「シニカルナイトプラン」です。背景は、東京都文京区にある史跡、湯島聖堂(ゆしませいどう)を模したもの。

 細部に彼なりの拘りがあり、極めて完成度の高いMMDです。ご覧ください。

Cheryl Lynn/In The Night(1981)

 アメリカ、ロサンゼルス出身の女性歌手、シェリル・リン(Cheryl Lynnの「In The Night(イン・ザ・ナイト)」です。1981年に発売された3枚目の同名スタジオアルバムの収録曲。ちなみに、彼女は幼いころから教会でゴスペルを歌っていたそうです。その後、オーディション番組に出演して優勝。周囲の説得もあり、1978年にデビューしました。

 「懐かし過ぎて泣けちゃう。」というネット上の声あり。追伸:同感です。

Cheryl Lynn /Got To Be Real (1978)

 アメリカ、ロサンゼルス出身の女性歌手、シェリル・リン(Cheryl Lynnのデビュー曲「トゥー・ビー・リアル(Got To Be Real)」です(1978年発売)。ちなみに、同曲は当時のディスコ・ブームに乗ってヒットを記録。現在もディスコ・クラシックとして親しまれています。

軽快なリズムと優れたボーカル。まさに、ディスコミュージックの名盤ですね。

2021/08/15

Chuck Mangione/Feels So Good(1977)

 アメリカのフリューゲルホルン奏者、トランペット奏者、作曲家、チャック・マンジョーネの「Feels So Good」です(1977年発表)。彼は、幼少からトランペットを学び、1965年に、アメリカのジャズ・ドラマー、アート・ブレイキーのバンドに参加して有名になりました。しかし、1960年代後半頃、トランペットからフリューゲルホルンに楽器を持ち替えフュージョン方面に音楽性を転向。ラテン・ティストのナンバーを次々に発表し、グラミー賞を2度受賞しています。

曲名通り、「Feels So Good(とてもきもちがいい)」ナンバーです。是非、お聴きください。追伸:チャック・マンジョーネがフリューゲルホルンを抱きしめている映像は多く残されています。

 

【JOJO'S BIZARRE ADVENTURE】 il vento d'oro(黄金の風)ーcover by MINA

 日本のガールズバンド、GIRLFRIEND(ガールフレンド)の元ベース担当メンバー、MINA(ミナ)の演奏動画です。曲は、日本のテレビアニメ、ジョジョの奇妙な冒険黄金の風」の中で使用されている、処刑用BGMil vento d'oro(黄金の風)」。ベース、ギター、キーボード、ピアノ等を1人で弾きこなしています。

「ベースはメチャクチャ余裕な表情で弾いているのに、キーボードは超真剣でギャップが好き。」というネット上の声あり。追伸:GIRLFRIEND2021430日で解散しましたが、MINAは定期的に演奏動画を配信するようです。

IU(아이유)/Coin(2021.3.25)

 韓国の歌手IU(アイユー)MVです。曲は、「Coin」(2021325日発売)。ちなみに、同曲は、IUの単独歌詞作品です。

IUの怪しい笑顔、ダンス、そして、最初の場面につながるストーリー。見どころ満載のMVです。ご覧ください。