2021/07/17

The Three Degrees / Dirty Ol' Man(荒野のならず者)1975

 1963年、アメリカ、ペンシルベニア州フィラデルフィアで結成された女性ボーカルグループ、ザ・スリー・ディグリーズ (The Three Degrees)の「Dirty Ol' Man(荒野のならず者)」です(1975年発表)。ちなみに、アメリカの俗語では、「Dirty Ol' Man」とは好色な男、いやらしい中年男」という意味だそうです。さすがに、当時の日本では、そのような表現でのレコード販売はできないので、「野性味のあるカーボーイ風タイトル」に仕上げてしまったんですね。

ザ・スリー・ディグリーズ美しいハーモニーが歌詞の内容を緩和させてくれますね。追伸:英語圏の閲覧者の方にとっては、「聞き捨てならない歌詞」かもしれません。その点はご容赦ください。


Swiss Army Man (2016)ーTrailer

 2016年公開のアメリカのドラマ映画、「スイス・アーミー・マン(Swiss Army Man」の予告編動画です。無人島に流れ着いたハンク(ポール・ダノ)と浜辺に打ち上げられていた死体(ダニエル・ラドクリフ)との奇想天外な友情物語です。

ハリーポッター役で有名な、ダニエル・ラドクリフがまさかの「多機能付?死体」役を演じています。衝撃的なコメディ映画ですが、温かみの感じられる作品です。興味のある方は是非ご覧ください。


2021/07/16

PSYQUI (サイキ)/don't you want me( ft. Such)

 日本のバッキングトラックの製作者(トラックメイカー)、PSYQUI(サイキ)の「Don't you want me (feat. Such)」です。

20161月、「BEMANI NEW FACEコンテストkz賞を受賞してから瞬く間に注目を浴びる存在となったPSYQUI。音楽の種類は、エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)のジャンルの1つ、フューチャー・ベース(Future Bass)。「暖かみのある跳ねるようなサウンド」が特徴です。同曲もまさに、Future Bassですね。

Lynn Anderson /(I Never Promised You A) Rose Garden(1970)

 アメリカのカントリー音楽歌手、リン・アンダーソン (Lynn Anderson)の「(I Never Promised You A)Rose garden」です(1970年発表)。同曲は、1969年に発表したジョー・サウスの同名曲がオリジナルですが、リン・アンダーソン盤は当時、全音楽部門で全米3位を記録。カントリー・チャートでは第1位を4週間記録しました。

同曲の、「Rose garden」とは、「バラ園」という意味ではありません。かなり、エグイ解釈もありますが、「結婚の約束(永遠の幸福)」と考えていいと思います。したがって、「"(I Never Promised You A) Rose Garden"とは、「私はあなたに結婚の約束をしてわけではありません。」ということになります。追伸:最近、我が家の庭にバラを植えました(gardenというほどの庭ではありませんが・・・・・・・)。黄色いバラは可憐で美しいですね。

 

2021/07/15

SNSD/GENIE(Tell Me Your Wish')ーWJSN Cover

 韓国の女性アイドルグループ、宇宙少女(우주소녀Cosmic GirlsWJSNが音楽番組、ミュージックバンクに出演した時のファンカメラ映像です(20191018日撮影)。曲は、「GENIE(ジニー)」。韓国の女性アイドルグループ、少女時代の同名曲のカバー。

SNSDファンの皆さん、「テヨンがいない。ユナもいない。ティファニーはどうした。」なんて言わないでくださいね(気持はよくわかりますが・・・・・・・)。

Phil Collins& Philip Bailey/Easy Love (1984) drum cover by Sina

 アメリカ在住のドラマー、Sina(シーナ)のドラムカバー演奏です。曲は、フィル・コリンズ(Phil Collinsフィリップ・ベイリー(Philip Baileyの「Easy Lover」(1984年発表)。ちなみに、同曲に登場する女性は、簡単にいうと「魔性の女」ですね(心を奪われ、ひざまずかされちゃうみたいです)。

ノリのいいドラム演奏ですね。追伸:「シーナのドラムカバーで○○を聴きたい。」というネットユーザーのリクエスト多数あり。

Toto /Hold The Line(1978)

 アメリカ、ロサンゼルスでスタジオミュージシャンを中心に結成されたロックバンド、TOTO(トト)の「Hold The Line」です(1978年発表)。同名のデビュー・スタジオアルバムの収録曲ですが、シングルカットもされ、全米で5位、全英で14位のヒットとなりました。ちなみに、同バンドは、その後も活躍し、4枚目のアルバム「TOTO IV ~聖なる剣」では1千万枚以上のセールスを記録。グラミー賞で6冠に輝きました。

「付き合っている相手の良さは分かっているのに、どうしても心から好きになれない。」という趣旨の曲ですね。「贅沢言うな。」と突っ込みたい人もいると思いますが、私は、この気持ち、よくわかります。


Whitney Houston/I Will Always Love You ーCover by Lucy Thomas

 イギリス、ランカシャー州出身の歌手、ルーシー・トーマス(Lucy Thomasの動画です。曲は、「I Will Always Love Youいつまでもあなたを愛している)」。アメリカの歌手、女優、ホイットニー・ヒューストンの同名曲のカバーです。ちなみに、同曲は1992年制作のアメリカ映画、「ボディガード(The Bodyguard」の主題歌として使用されました。

ホイットニーのオリジナルが素晴らしいだけにプレッシャーもあったでしょうが、見事に歌い上げています。追伸:歌い終わった後の笑顔がいいですね。ご覧ください。

 

【Dance practice】 新しい学校のリーダーズ(ATARASHII GAKKO! )/恋文(Love letter)

 日本のダンス&ボーカルパフォーマンスユニット、新しい学校のリーダーズ(ATARASHII GAKKO!。のダンス練習動画です。曲は、「恋文」(2020522日デジタル配信)。

衣装は、セーラー服に腕章。「踊る、セーラー服と奇行癖」といわれているようです。ちなみに、ダンスの振り付けは全て自分たちで作っているとのこと。追伸:もう少しはみ出すと、コンテンポラリー・ダンスの領域に踏み込むかもしれませんね・・・・・・

2021/07/14

【Dance Practice】WJSN(우주소녀)/Secret(비밀이야)

韓国人10人と中国人3人で構成された13人組女性アイドルグループ、宇宙少女(우주소녀Cosmic Girlsのダンス練習動画です。曲は、「Secret비밀이야」(2016年発表)。ちなみに、同グループは、「Wonder」、「Joy」、「Sweet」、「Natural」の4つのユニットに分かれ、それぞれの頭文字を取って、「WJSN」と呼ばれることが多いようです。

13人のフォーメーションダンスは見応えがありますね。追伸:体の動きも柔らかくて、素晴らしいです。

 

2021/07/13

Percy Faith & His Orchestra /A Summer Place (1959)

 1959年に公開されたアメリカ映画、「避暑地の出来事(A Summer Place」の主題歌、「夏の日の恋(Theme from a Summer Place」です。作曲は、マックス・スタイナーですが、アメリカ出身の作曲家、音楽プロディーサー、パーシー・フェイス(Percy Faithによる録音のものが最も有名なバージョンです。

動画をご覧になると、ストーリーの展開がおおよそ推測できると思いますが?両家の反対により、強引に引き離されてしまうモリー(サンドラ・ディー)とジョニー(トロイ・ドナヒュー)が「秘かな密会→親同士の結婚→駆け落ちの失敗→親の承諾を得て結婚」というハッピーエンドの映画です。追伸:暑いときに、この曲を聴くと清涼感が半端ないですね。

The Beatles/ Here Comes The Sunーguitar cover by Gabriella Quevedo

 スウェーデン出身のGabriella Quevedoのギター演奏です。曲は、イギリス、リバプルール出身のロックバンド、ビートルズ(The Beatlesの「Here Comes The Sun。ちなみに、同曲は、1969年に発売された11作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム、「Abbey Road」の収録曲です。

おそらく、Gabriellaの得意な曲ではないかと思います。弾きなれていますね(余裕が感じられ楽しそう)。追伸:時々、カメラ目線になるのが彼女の動画の特徴です。

Led Zeppelin /Moby Dick(Live 1972)

 イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelinのライブ音源です(1972年収録)。曲は、「モビー・ディック(Moby Dick」。ちなみに、同曲は、ジョン・ボーナムのドラムソロをフィーチャリングしたものとして有名。ライブでもボーナムの見せ場として頻繁に演奏されました。

ボーナムは、レッド・ツェッペリンに参加する以前から、「イギリスで最も大きな音を出すドラマー」として評判となっていました。パワフルな演奏でドラムヘッドを打ち破ったり、あまりの音量の大きさにクラブからは演奏を止めるように言われたこともあったようです。追伸:ボーナムは1970年代にロサンゼルスに住んでいたリンゴ・スターと親しくなり、リンゴの家に押し掛けては問答無用にプールに投げ込んでいたという、破天荒な面もあったとのこと。なお、本動画は約19分の長い演奏ですが是非お聴きください。

 

John Lennon/ Imagine(1971) ーCover by Avril Lavigne

 カナダ、オンタリオ州出身のシンガーソングライター、アヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigneの「Imagine」です。オリジナルは、イギリスのロックバンド、ビートルズの元メンバー、ジョン・レノンの同名曲(1971年発表)。ちなみに、同曲が収録された同名のアルバムは、発表当時、全英・全米、日本オリコン総合チャート1位を記録しました。

歌詞の内容が世界平和主義的な反戦歌でもあることから、アヴリルも抑え気味なボーカルとなっていますね。


2021/07/12

【Japanese idol group】Juice=Juice/『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』 translation subtitles

 20132月に結成された日本の女性アイドルグルプ、Juice=Juice(ジュースジュース)のプロモーション編集動画です。曲は、12thシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』です(201965日発売)。翻訳字幕付き。

「君に俺必要なくない?と言って振られました。」という逆パターンの行動をとったネットユーザーの声あり。

【ASMR】The Mysterious sound of water in the cave

 日本のASMR系ユーチューバー、「ごまだんご(Goma Dango)」の「洞窟の中の神秘的な水の音(The Mysterious sound of water in the cave)」の動画です。

私の住んでいる日本では、ここ数日で一気に夏になりました。こういうときは、「ひんやりとする音」がありがたいですね。お聴きください。

大瀧 詠(Eiichi Ohtaki) /君は天然色 (Kimiwa Tennenshoku) (1981)

 日本のミュージシャン、シンガーソングライター、大瀧 詠一(おおたき えいいち)の「君は天然色」です(1981年発表)。自身通算7枚目のシングル。ちなみに、同曲は、当時、オリコンシングルチャート36位と振るいませんでした。

作詞は、自身が結成した、はっぴいえんどの元メンバー、松本隆に依頼しましたが、松本は仲の良かった妹を病気で亡くし、どん底の精神状況でした。その時に見た街の色から「想い出はモノクローム」というフレーズを思いついたそうです。また、それに続く「色を点けてくれ」という詞も「人が死ぬと風景は色を失う。だから何色でもいい。染めてほしいとの願いだった」といいます。追伸:今聴いても色褪せない同曲ですが、オリコンシングルチャートの最高位が「36位」というのは不思議ですね(世に出たのが少し早かったんでしょうか?)。

2021/07/11

Carpenters / Hurting Each Other (1972)Lyrics

 アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス出身の兄妹ポップ・ミュージック・デュオ、カーペンターズ(Carpentersの「ハーティング・イーチ・アザー(Hurting Each Other」です(1972年発売)。英語歌詞付。ちなみに、オリジナルは、アメリカのシンガーソングライターコンビ、ピーター・アデルとゲイリー・ゲルドによって作詞、作曲された曲ですが、カーペンターズのカバーによって世界的に知られるようになりました。

「ほんとうに愛し合っているからこそ、もっと相手の気持ちにフィットしたい。しかし、現実にはどうしてもできず、却って相手を傷つけてしまう。」という趣旨の曲です。個人的には、やはり「相性が良くないのでは?」と思いますが。皆さんはどう思われますか。

 

Olivia Newton-John/「Have You Never Been Mellow(そよ風の誘惑)」1975 English and Japanese lyrics

 イギリス生まれ、オーストラリア育ちのポピュラー歌手、女優、実業家、オリビア・ニュートン=ジョン(Olivia Newton-Johnの「Have You Never Been Mellow(そよ風の誘惑)」です(1975年発売)。英語、日本語歌詞付。ちなみに、同曲は、ニュートン=ジョンの前作、「愛の告白(I Honestly Love You)」に続いて全米1位となりました。

当時は、「そよ風の誘惑」というタイトルから、てっきり、ラブソングだと思っていました(若い女の子を励ます内容だったんですね・・・・・)。


 

【Dance】志田 音々(Nene Shida)/Nickname is Nenemaru

 埼玉県草加市出身の、日本のグラビアアイドル、志田 音々(しだねね)のダンス動画です。曲は、日本のクリエーターユニット、HoneyWorks(ハニーワークス)の「ヒロイン育成計画」。

志田 音々は、1998715日生まれ。身長は167㎝、スリーサイズは、845784。血液型はAB型。趣味はご当地ハローキティ集め、アニメ、お笑いの鑑賞、ダンスで、特技はピアノ、バトントワリング。なお、愛称は「ねねまる」だそうです。追伸:彼女は、20194月から約1年静岡第一テレビで お天気キャスターを担当。現在は、朝の情報番組、「めざましテレビ」内のトレンド情報コーナーに出演しています。

Avenged Sevenfold/Scream ーCover by A-YEON

 韓国の女性ドラマー、A-YEON(アヨン)が演奏動画です。曲は、アメリカで結成された5人組のヘヴィメタルバンド、アヴェンジド・セヴンフォールド(Avenged SevenfoldA7Xの「SCREAM」。

  リズミカルなスティック捌きですね。

Secret(시크릿)/Madonna(2010)

 韓国の女性アイドルグループ、Secret시크릿、シークレット)の「Madonna」です(2010年発表)。ちなみに、グループ名には「秘められた才能」という意味があるそうですが、結成当時(4人)、携帯電話を没収され、半地下にある1Kの薄暗い部屋で共同生活してきた経緯から「シンデレラ系半地下アイドル」と称されます。

 

ノリがよくて、ガツンときますね。追伸:YouTube上でMVも公開されています。ご覧ください。


Grand Funk Railroad/We're An American Band(1973)

 1960年代末から1970年代半ばにかけてアルバム、ヒット・シングルを連発したアメリカのハードロック・バンド、グランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk RailroadGFRの「We're An American Band(アメリカンバンド)」です(1973年発表)。同曲は、同名の7th アルバムの収録曲で、シングルカットされた「アメリカンバンド」はビルボード・シングル・チャートで1位になり大ヒットしました。

イントロのドラム→ギター、そしてベースライン。「ガツン」ときますね。追伸:ちなみに、オリジナル・リリース時のLP盤面は黄色の透過色で作成され、リスナー向け注意書きには「フル・ボリュームでお聞き下さい」と記載があったとのこと・・・・・・・・・・・。いいですね。