2021/06/11

Lego Star Wars(レゴ ・スター・ウォーズ)/The Empire Strikes Out ー Darth Maul is Back(ダース・モール帰還)

 アメリカのSF映画、「スター・ウォーズ(Star Wars」シリーズの登場人物、ダース・モール(Darth Maulが皇帝の前で両刃のライトセーバーを巧みに披露するシーンです。あくまでLEGOバージョンだけのシーンです。

実は、「ダース・ベイダーとダース・モールは皇帝の承認を求め競争している関係にある?」ため、時々このようなパフォーマンスも必要なんでしょうね・・・・・・・。追伸:少し、ブルース・リーも入っていましたね。

2021/06/10

Isao Tomita /Arabesque No. 1ーNew edit by synthesizer

 日本の作曲家、シンセサイザー奏者、冨田 勲(とみたいさお)の「Arabesque No. 1(アラベスク第1番)」です。フランスの作曲家、クロード・ドビュッシーの同名曲シンセサイザー新編集バージョン。

日本は、今の季節かなり蒸し暑いですが、この曲(特にイントロ部分)が一服の清涼剤になりますね。

windows sound effect/Impersonation (acapella)

 2000年に設立され、アジア各地でコンサートを行ってきた韓国のアカペラグループ、Maytreewindows sound effectImpersonation(ものまね)動画です。

PC利用者には堪えられませんね。クセになります。追伸:特に、errorの音が秀逸です。お聴きください。

Great recorder performance②ーVivaldi /Lucie Horsch&Orchester Live

オランダのリコーダー奏者、ルーシー・ホーシュ(Lucie Horschが、イタリア、ヴェネツィア出身の作曲家、アントニオ・ヴィヴァルディの曲をオーケストラと共に演奏する動画です。

12歳の時にリコーダーは幼稚だと思い、ピアノに乗り換えました。19歳になった今でもピアノが大好きですが、これを見たらリコーダーを取りに行こうと思います。」というネット上の声あり。

Bay City Rollers /Saturday Night (1975)

 スコットランドのポップ・ロック・バンドで1970年代半ばから若い女性を中心に人気になったアイドル・グループ、ベイ・シティ・ローラーズ(Bay City Rollersの「Saturday Night」です(1975年発表)。

当時、「タータン・チェック」という格子柄の衣装が印象的でした。追伸:Netflixで放送されている、「アンブレラ・アカデミー(The Umbrella Academy」シリーズでも、この楽曲が使用されています。

 

2021/06/09

Wink/愛が止まらない 〜Turn it into love〜(1989.4.27OA)

 日本の女性アイドルデュオ、Wink(ウィンク)の音楽番組出演時の映像です(1989427日放送)。曲は、「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」(1988年発売)。オーストラリアの女性歌手、カイリー・ミノーグの日本語カバー曲です。

  Winkは今でも韓国のネットユーザーから熱い視線を注がれています。

 

Simon & Garfunkel/A Hazy Shade of Winter(冬の散歩道)ーGerard Way(feat. Ray Toro)cover

 アメリカ、ニュージャージー州出身の歌手、アーティスト、アニメーター、ジェラルド・ウェイ(Gerard Wayの「A Hazy Shade of Winter(冬の散歩道)」です。オリジナルは、サイモン&ガーファンクル1966年に発表しています。同カバー曲は、Netflixで放送されている、スーパーヒーロードラマ、「アンブレラ・アカデミー(The Umbrella Academy」にも使用されています。

   画面の飛来物のスピードと曲のリズムが合っていますね。

 

家入レオ (LEO IEIRI)/Shine(Full Ver.)

 日本の女性シンガーソングライター、家入 レオ(LEO IEIRIの「Shine」です(2012年発売)。日本のテレビドラマ、「カエルの王女さま」の主題歌として採用されました。

 

「レオは、インスピレーションの炎と共に輝く美しい声を持っています。ソウルフルで力強く、美しい音色とダイナミックな感情の幅を備えています。」と賞賛する英語圏のユーザーに賛同する声多数。


2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)HD Digitally Remastered Trailer

 1968年に公開されたアメリカのSF映画、「2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey」のHDデジタル・リマスター版発売を記念して公開された予告編動画です。

50年以上前に製作された映画とは思えないクオリティーと映像美に圧倒されますね。追伸:心が壊れた?人工知能のHAL(ハル)とボーマン船長(キア・デュリア)との緊迫の攻防も見所です。是非本編をご覧ください。

 

2021/06/08

Deep Purple/BurnーSina(シーナ)dram cover

 アメリカ在住のドラマー、Sina(シーナ)のドラムカバー演奏です。曲は、イングランド出身のハードロック・バンド、ディープ・パープル(Deep Purpleの「Burn」(1974年発表)。

Burn」の演奏は何といってもドラムが要。Sinaは、ほぼ完璧なカバーをしていますね。見事です。

JustSomeMotion (JSM) / Hallway Dance (廊下の踊り)ーJamie Berry feat. Octavia Rose – Lost in the Rhythm

 ドイツ人ダンサー、Sven Otten(別名、JustSomeMotion)のダンス動画です。曲は、イギリスの音楽プロシーサー、作曲家、Jamie Berry (ジェイミー・ベリー)feat. Octavia Roseの「Lost in the Rhythm 」。

JustSomeMotionYouTubeを見て独学でダンスを習得したそうです。彼のリズム感、凄いですね。

MrMoMMusic のCG画像ーCatas /Don't Let Me Die (feat. Dianna)

 MrMoMMusic のCG画像です。BGMは、Catasの「Don't Let Me Die (feat. Dianna)」。

この少女に、どのような事態が起こっているんでしょうか。後ろのskeleton(骸骨)が不気味ですね。追伸:メロディーは美しいんですが・・・

Suzi Quatro /Can The Can ーLive(1973)

 アメリカ、ミシガン州出身のロックミュージシャン、スージー・クアトロ(Suzi Quatroのスタジオライブ動画です。曲は、「Can The Canキャン・ザ・キャン)」(1973年発売)。

  会場には、なぜかティーンエイジャーが多くいますね。

2021/06/07

Jigsaw/Sky High(1975)

 イングランド出身のポップ・バンド、ジグソー(Jigsawの「Sky High」です(1975年発表)。日本では当時、メキシコの覆面プロレスラー、ミル・マスカラス(Mil Máscarasのリング入場曲として使用されたことをきっかけに大ヒットしました。

華麗なサウンドですが、実は失恋の歌なんですね・・・・・(「君に恋したのに、君は僕を空高く吹き飛ばした」という一節があります)。

【MMD】Doja Cat /Say soーKASANE TETO

 日本最大級の電子掲示板、2チャンネルから発祥したバーチャルアイドルキャラクター、重音テト(かさねテト、KASANE TETOMMDダンス動画です。曲は、アメリカの歌手、ラッパー、ドージャ・キャット(Doja Catの「Say So」。

  衣装と背景がとりわけ美しいですね。癒されます。

MOMOLAND―ヨヌ(Yeonwoo 연우)FANCAM(2019.5.22)

 韓国のガールズグループ、MOMOLAND(モモランド)の元メンバー、ヨヌ(Yeonwoo)のFANCAM(押しカメラ)映像です(2019522日撮影)。曲は、「BAAM (배앰)」。

  スカート姿のヨヌは珍しいですね。

2021/06/06

The Runaways/ Cherry Bomb―Guardians of the Galaxy: Awesome Mix Vol. 1

 1970年代に活躍したアメリカの女性ロック・バンド、ザ・ランナウェイズ(The Runawaysの「チェリー・ボンブ (Cherry Bomb)」です。2014年公開のアメリカのSFアクション映画、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Guardians of the Galaxyに使用された楽曲の1つ。なお、ザ・ランナウェイズはガールズ・ロック・バンドの草分け的存在でリードボーカルの衣装が、ほとんど下着姿という過激なもので当時話題となりました。

「チェリー・ボンブ」は、主人公のピーター・ジェイソン・クイル(クリス・プラット)がウォークマンで聴いていた母の形見のカッセトテープ(Guardiansof the Galaxy: Awesome Mix Vol. 1に録音されていた曲の1つです。

 

Great recorder performance①ーLucie Horsch, Amsterdam Vivaldi Players/ Concerto ‘Per Flautino’

 オランダのリコーダー奏者、ルーシー・ホーシュ(Lucie Horschアムステルダム・ヴィヴァルディ・プレイヤーズ (Amsterdam Vivaldi Players)の演奏動画です。曲は、イタリアのヴェネツィア出身の作曲家、アントニオ・ヴィヴァルディの協奏曲「ペル・フラウティーノ」。

ルーシー・ホーシュは2020年、オランダ文部科学省から、クラシック音楽界最高の賞、「ネダーランセ・ムジエクプリジス」を受けました。